目標達成のモチベーションをアップするための目標サイズの調整とは何?

あなたも会社員の仕事をしていて、上司から目標などを言い渡され、そこにむけてモチベーションあげてがんばりたいな・・と感じることはよくあることではないかと思っています。

例えば営業の仕事をしていて、今月1000万円の売り上げを達成したい、という目標があったとしますね。

これを達成させるためにはどうしたらよいでしょうか?

まず、目標を掲げただけでは自動的に達成できることは難しいです。

もし達成できてしまうのであれば、目標を掲げる意味があまりありませんから。

目標を達成させるためだからこそ、日常とは異なる具体的に行動をしなければいけません。

今回は、行動を起こすための原動力、つまりモチベーションを上げるために、目標サイズを自由に調整し、コントロールすることで目標達成を加速させるための方法がありますので、そちらを紹介しますね。

目標の大きさをコントロールする(目標を細切れにする)

スポンサーリンク



例えば「1000万の売り上げを達成する」が目標があったとします。

それが自分としては「大きな目標だな・・・」「どうやったらいいんだろう・・」と感じる場合は、目標をもう少し細切れにして設定することがお勧めです。

例えば

・1000万達成している人の話を聞く

・上司に、自分の営業力をあげるためのヒントや課題をもらう

・課題に即したセミナーや書籍を読んでみる

などなど、目標をもっと細かくしていくことで、今日からすぐにでもできそうなことが見つかってくるはずです。

人は、「これはすぐにできそうだな」と感じることは、行動をうつしやすくなりますし、すぐにできると達成感も感じることができますからね。

このように漠然とした大きな目標を、ただ眺めるだけで不安に思ってしまうことはとてももったいないですね。

目標を達成するために、今から始められる小さなタスクを自分でみつけ、具体的な行動にうつしていくことがポイントとなりますね。

目標をストレッチさせてどうしたら達成できるかを考える

逆に、いつも毎月1000万の売り上げを既に達成している人にとって、「今月の目標売上1000万」と設定しても、対してモチベーションは上がりませんし、1010万などとしても変わらないでしょう。

そのようなケースの場合は、目標をストレッチさせ、本人が意欲がわく目標を設定する必要があります。

お勧めしたいストレッチの度合いは、その目標を聞いたときに「それはちょっと難しいかな・・」と感じるくらいが良いですね。

そのようなストレッチした目標があると、次にどうやって達成すればよいか?と新しい発想やアイディアや具体的な行動がうまれやすくなり、自分自身の成長につながっています。

このように、自分のゴール設定をどこにおくのか?によっても、モチベーションはコントロールできますよね。

全力でやらなくても、何も工夫しなくても達成できるようなことが目標であれば、そんなに頭も労力も使うことはないでしょう。

ところが、今の自分にとって、「難しそうだな・・・」「それはどうやったらできるかな?」と感じるところを目標にすることで、初めて「どうすればよいのか?」と問いがうまれ、新しいアイディアや発想を探し始められるというわけですね。

このように、自分(や他人)が新しい行動をはじめるためには、良質な問いを発生させることが重要なんですね、このあたりについてまとめた記事もありますので、よろしければご覧ください!(で、お読みいただいきましたら、また戻ってきてくださいね)

自分の頭で考える力を伸ばすためには?効果的な質問ができるかが大切なポイント!
突然ですが「昨日の夜ごはん、何を食べた?」と相手から質問されたとします。 その瞬間、「えーと、なんだったかな・・?」と、頭の中で昨日の...

目標の大きさを適切にコントロールする

スポンサーリンク



目標は高すぎてもダメで、雲の上の話のように感じてしまうとモチベーションはあがりません。

逆に、目標が低すぎても、特にその目標に対するモチベーションがわくことは無いでしょう。

目標達成のためのモチベーションという意味では、自分自身がもっとも行動しようと感じるサイズで目標を定めることが効果的です。

「やらなければいけないことはあるのに、モチベーションがあがらない」

「こうなりたい目標はあるが、いつも達成できずに終わってしまう」

というような悩みを抱えるビジネスパーソンは多いと思います。

でも、そうやってなげくのではなく、ではどうしたら改善できるのか。

精神論ではなく、自分自身が自然と行動できるようなサイズの目標を設定することが重要になるわけです。

そうすることでモチベーションはコントロールすることができますし、目標達成も現実のものとなるので、ぜひやってみてくださいね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする