コーチングで部下との信頼関係を築くコミュニケーション方法とは?

あなたも仕事で部下や同じチームメンバーとの信頼関係を築くことに、頭を悩ませていたりしませんか?

そんな悩みを解決したいと考えて、本屋やネットで検索していくと、コーチングの技法を使ってコミュニケーションを改善できるという情報を目にするのではないでしょうか。

ここでは、部下との信頼関係をより効果的に築きあげるために、どのようにコーチングを使っていけばよいか?についてご紹介していきたいなと思います。

コーチングとは目標達成に向けたコミュニケーション支援

スポンサーリンク

ビジネスに限った話ではないのですが、あなたも自分自身が「こうありたい」という理想の状態があると思います。

その理想の状態と「現状」にはギャップがあるわけですよね。

このギャップを埋めるために具体的にどのような行動をしていくかが、理想の状態にたどり着くためのポイントです。。

そのために「コーチ」(あなた)と「クライアント」(部下)が双方向でコミニュケーションをとりながら、具体的な行動を1つずつ進めて、発展させていくことが重要です。

その発展に寄与するのが、コーチングの役割となります。

それなら早速コーチングというものをやってみよう!と思われるかもしれませんが、コーチングをスタートする前に、一番最初にやらなければいけないがあるんですね。

それはお互いの信頼関係を作ることです。

相互の信頼関係構築がコーチングがうまくいくためのポイント!

「コーチ」(あなた)と「クライアント」(部下)という、お互いが初めましての状態から、双方コミュニケーションを取っていくところからコーチングはスタートするんですね。

この時に、その土台となる、信頼関係を構築していくことが何よりも重要です。

なぜかというと、クライアント(部下)側は自分自身のことを正直に話さなければいけません。

自分の今の状態、それは他人には話したくないことも含まれるかもしれません。

自分の目指す状態、そんなことを話すのは恥ずかしい・・と思う人もいると思うんですね。

また、コーチ側も時にはクライアント(部下)のためであれば厳しいことを言う必要があるからです。

お互いに信頼ができていないと、本音で言い合うことが難しいですよね?

表面的な日常会話になってしまうことで終始してしまうと、本当に必要な、目標達成のための行動につながらない可能性が
高くなってしまいますからね。

信頼関係をすぐ作るための3つのポイント

スポンサーリンク

では、どうやったら信頼関係を構築できるようになるのでしょうか?

コーチが初めてクライアント(部下)と話をするとき、それが対面であれskypeなど音声のみであれ、
以下3つのポイントを守ることが重要になります。

・時間など約束を守る
・優しくて安心できる笑顔や声、表情
・歓迎の気持ちを伝える

まず1つ目の時間などの約束を守るということです。

お互いにいろいろ予定があり、それらを調整して話をする時間を設定しているのだと思います。

ですので、どちらかの都合で開始時間が遅くなったり、一方的に長時間話をするのは、相手の事情を考えず自分都合でコミュニケーションをしてしまうことになりますよね。

これでは、お互いに本音でぶつかってコミュニケーションができる、環境作りから失敗している状況です。

まずは、お互いが約束した時間や、他人に口外しないなどの守秘義務などプライバシーにかかわる話が多くでてくるからこそ、そうした約束をお互いにきっちり守るということろから、信頼関係の構築をスタートさせましょう。

次に、2点目の安心できる環境作りですね。

コミュニケーションには、話する言葉の内容も重要ですが、メラビアンの法則として言われるように、言語外の情報が極めて重要になります。

メラビアンの法則

  • 言語情報(話の内容など):7%
  • 聴覚情報(声のトーンや話の早さなど):38%
  • 視覚情報(見た目など):55%

そのため、話し方や口調、身振り手振り、姿勢などからの情報がとても影響を与えることになります。

ですので、特に初対面のときは、言語外で相手に伝わる情報には注意を払っていくことで、信頼関係の構築につながっていきますね。

このあたり心配な人は、クライアント(部下)と話をする前に、練習をすることをお勧めします。

自分自身ってどんな特徴やクセがあるかな?

とそれらを把握しておくと良いですね。

そうすれば、初対面のクライアント(部下)との信頼関係構築は難しくありませんよ。

3点目の、歓迎の気持ちを伝えることです。

いきなり話題の本題に入るのではなく、コーチとクライアント(部下)としてコミュニケーションができることに感謝の意を伝えましょう。

クライアント(部下)が本気で変わりたい!という気持ちをサポートするのがコーチになります。

なので、まずそのチャレンジをしようとしているクライアント(部下)に敬意を払う意味でも、具体的に歓迎の気持ちを伝えてあげてください。

いかがでしたでしょうか?

信頼関係を築くためのコミュニケーション方法についてまとめてみましたが、あなたのヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

※コーチングの力をあげるためには、相手の話をしっかり聞くことが重要です。そんな聞く力をあげるためのヒントについてまとめた記事もありますので、よろしければご覧ください!

聞く力を鍛えるには?成長の妨げ要因を見える化するコーチング手法
コーチングを行う上で、相手の話をしっかり聞くことは重要ですね。 そうはいっても、ただ熱心に話を聞けばいい、というものではありません。 ...

※相手の話をしっかり聞くことを傾聴と言ったりしますが、なぜ傾聴がビジネスにおいて重要なのか?をまとめた記事もありますので、ご参考までにこちらもお読みいただけると嬉しいです!

本質的な課題に気付く傾聴の重要性とは?ビジネスでの成果に影響も
仕事で成果を出すために、コーチングを取り入れている人が増えてきているのをご存知ですか? なぜかというとコーチとのやりとりの中で、本質的...

※相手にとって耳が痛い話もしっかりと伝えなければいけない・・こうしたフィードバックを効果的に伝えるためのヒントについてもまとめた記事がありますので、ご覧ください!

フィードバックの意味?ビジネスでの成果に大きな影響を与える理由
フィードバックという言葉は、元々は電気工学の用語で 電気回路から出力されたものの一部を入力側に戻す といった意味があります。 とこ...

※一つとして同じ課題が無いビジネスにおいて、自分の頭で考えて行動できる力がとても重要になりますが、そうした力を伸ばすために効果的な質問を相手だったり自分自身に問いかけられるか?についてまとめた記事もありますので、ご覧ください。

自分の頭で考える力を伸ばすためには?効果的な質問ができるかが大切なポイント!
突然ですが「昨日の夜ごはん、何を食べた?」と相手から質問されたとします。 その瞬間、「えーと、なんだったかな・・?」と、頭の中で昨日の...

※効果的な質問に加えて目指すべきゴールイメージを明確にすることで、理想の状態に加速していく話をまとめた記事もありますので、こちらもぜひどうぞ

目標達成にコミットするためには効果的な質問と成功イメージ作りが大切!
あなたも仕事において、目標達成にコミットするために、どうしたらいいだろう・・と思うことってありませんか? 「今の状態」 ↓ 「目指した...