PERとは何?高いや割安が示す意味って?株で勝つためのヒントも | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

PERとは何?高いや割安が示す意味って?株で勝つためのヒントも

あなたも株取引をしているのであれば、よく耳にするPERという単語の、この意味はご存知でしょうか?

PERから株が割安とか割高とかの判断ができるというのも、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

PERとはどういう意味で、なぜ株が割安・割高と判断されるのか、PERとどう関係があるのでしょうか?

あなたも、このPERを活用すると株の売買で勝つために活用できそうと感じているかもしれませんので、今回は、そのあたりのお話をまとめましたので、ぜひご覧ください!

PERとは何?割高&割安との関係って?

はい、ではまずPERとは何か?からいきますね。

PERとは、Price Earnings Ratioは日本語で株価収益率と言います。

その計算式は

株価 ÷ 当期一株当り利益

となります。

従って、株価が当期一株当り利益の何倍か、ということを意味しているわけですね。

株価というものは、その企業の予想される利益に対する期待値であるということを考えると、PERが大きいほど利益に比してその期待値が相対的に大きいということになります。

逆に小さいほど利益に比してその期待値が相対的に小さいということになります。

そして、一般的にはPERの値は15~20倍が適正だと言われており、この値よりも大きいと割高で、小さいと割安だと言われています。

PERの意味を考えると、割安というのは、予想される利益の割りには株価が低すぎるということになりますね。

そして、割高というのは予想される利益の割りには株価が高すぎる、ということになります。

大雑把には、割安だと株価が上昇する力が働くだろう、割高だと株価が下落する力が働くだろうと考えたくなります。

そのために、PERの値が15~20よりも大きいか小さいかをチェックしたくなり、それを参考に売買の判断をするという考え方が生まれてきます。

しかし、これには落とし穴があります。

PERの計算で使われる利益が当期の分だけという点がポイントです。

例えば、A社株のPERは5倍、B社株のPERは40倍とします。

A社の来期以降の利益は下がるだろうという予想
B社の来期以降の利益は上がるだろうという予想

があれば、A社株は下落、B社株は上昇の可能性が高くなるでしょう。

PERには来期以降の予想利益が要素として含まれていないため、A社株のPERは大きくならならず、割安と判断されてしまうことになります。

といった感じで、PERの評価だけで株の売買をすると危ないということです。

PERを活用して株で勝つためのヒント

では、株取引にPERは役に立たないのでしょうか?

いや、そうでもありません。

PERの活用が向いている銘柄と向いていない銘柄があるので、その判別が出来ればいいということになります。

① PERの活用が向いている銘柄
簡単に言えば、利益が安定している銘柄は、PERを活用しやすいということになります。

PERの弱点は、来期以降の予想利益が、反映されていないことでしたよね。

ということは、利益が安定している銘柄だと来期以降の利益を反映させるような計算をしても、値が大きくなることはないのでPERの値の信憑性が高いということになります。

② PERの活用が向いていない銘柄
これは、景気敏感株ということになります。

業績の良し悪しが、景気の影響を受けやすい、不動産株、海運株、鉄鋼株、化学株などは、先のPERの活用が向いている銘柄とは逆に利益が安定しにくいですよね。

ということはPERの値の信憑性は低くなってしまうので、PERの値を頼りにはしないほうがいいということになります。

以上のことから、PERを活用して株で勝つためには、

・景気による影響の有無、業績に影響を与えそうな材料
・その銘柄の過去の業績の分析、そして将来の見通し

など、いわゆるファンダメンタルな観点でのチェック、そしてチャート分析というテクニカルなチェックをもしっかりと行うことが重要となります。

いかがでしたでしょうか?

PERの意味や、PERの値から高い・割安が示している意味と、株で勝つためのポイントについて、まとめてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする