ボリンジャーバンドとは?FX初心者が勝つため期間設定や活用法も(3)

『ボリンジャーバンドの使用目的』
FXに限ったことでは、ございませんが、
目的(目標)が、ないと、ゴールにたどり着けない
もしくは、ものすごく遠回りをしてしまうという事になりかねません。
インジケーターの使用目的は、ずばり勝つために入れているという方が多いかと思います
しかし、それは、漠然としすぎています。
インジケーターを入れて勝てるのであれば、それはとても良いことなのですが、
しかし、残念ながらそう甘い世界でもないのです。

『ボリンジャーバンドの使用目的』
・順張りでの使用・・・順張りで使用するとは、価格(レート)が今後も
その方向で動きやすいだろうから、その方向で仕掛けて行こうという考え方です。
順張りで使用するにあたり、BBは、ある特徴を示してくれます。
それが、『バンドウォーク』という現象で現れるのです。
文字通り、バンドの中を歩く(バンドに沿ってレートが進んで行く状態です)
これを、発見できれば、その方向で、エントリーしていけば良いのではないか?ということなんです。
バンドウォークの時は、言い換えるとトレンドが出ている時という事なんですが、
一定のバンド幅の中を、レートが上下を繰り返し緩やかに上昇していく感じです。

この図で、バンドウォーク中というのは、過去チャートではすぐ、わかるのですが、
実際の動いているチャート中で、見分けて、エントリーすることは、
迷いや難しいと思う方も多いかと思いますが、すくなくても、センターラインを抜けてからの
BBの動き方には、注意しながら、見るという事が言えると思います。
仕掛けるタイミングは、センターラインを越えてきてから・・・ロングが成功しやすい確率が高まるポイントです。

図で説明すると黄色〇(1,2,3,4)の場所が、センターライン付近のところなのですが、
ここの攻防で、早く入るのではなくて、見届けてから入る
これが、大事なのかもしれません。
話が脱線してしまいますが、グランビルの法則というのをご存知でしょうか?
移動平均線(MA)も最もよく使われているテクニカルツールの一つですが、
表示させているだけの方も、おられるのではないか?と思うのですが、
BBのセンター線は、MAであるという事なので、このMAの戦術が
同じように使えるのです。
グランビルの法則で、もっとも個人的にわかりやすいと思うのが、
第二法則(G2)ということなのですが、簡単にここで説明すると、
MAを下抜け または MAで反発して、再度上昇する場所
ということなのですが、それが、ここでいうところの、
黄色〇(1,2,3,4)の場所なのですが、
同時に、一般的には、押し目のポイントと考えることもできるのです。。
戻り売り、押し目買いが基本戦術と言われるとおり、BBのセンター線はMA(G2)と重なると
反発しやすい理由が重なって、このまま、上に行く確率の高い場所になるのです。
その中でも、特に、よい場所がBESTと書かれているところなのですが、
これは、過去チャートなので、わかるとも言えるのですが
1→2の場所で、2回目でMAの上に乗ったことが確認できると思います。(事実を確認しましょう)
そして、上ひげを付けた陰線(逆に言うと、2の場所で、ロングエントリーしてしまうと
少し、焦る場所です) ここは、前回高値を意識するポイントなので、今後
どうなるのか?まだ、わからないポイントなので、再度、下げていくか?上げていくのか?
みなさん考えるところなので、このような形になることの多い場所なのです。
(付いていかない(高値掴みしない)ができるか?(待つことができるというのも
トレーダーとしては重要な要素です)
行ってしまったら、次のチャンスを待てば良いのです)
チャンスは、1回ではありません、いくらでも今後、何度でも来るので、気持ちに余裕のあるトレードを
心がけてもらいたいものです。
しかし、BBのバンドウォークを意識していれば、+1σを下へ抜けるまでは、ロング目線(ウォークになるかな?)
というのも見えてくるので、単純に、ダウ理論、MAだけでは、難しいと思えるところも
BBを追加することで、より、視覚的にロング方向かな?まだ、売らなくていいかな?と
わかりやすくなるのではないでしょうか?
今回は、順張りの戦略(目線)でお話しました。
次回は、逆張りの戦略(目線)でお話したいと思います。

次回も楽しみに待っていてください・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする