株初心者の失敗例や原因とは?勉強する時に覚えておきたいコツとは

株取引によって利益を積み重ねるのは決して容易ではありませんよね?

株で失敗する要因は様々なものがありますが、ここでは特に初心者が陥りやすい失敗例、そしてその原因について考えてみたいと思います。

これから株取引を始めようという人は、失敗例を頭に刻みこんで、そのようなことに陥らないように勉強をして欲しいですね。

株初心者の失敗例とその原因

スポンサーリンク

では、陥りやすい失敗例をご紹介していきますね。

これから株取引を始める方はご一読いただけると良いと思います。

★生活資金で株取引を行って大きな損失を抱えてしまったため、生活資金を失なってしまった。
取引に使うお金は、損失が続いて、そのお金が全額無くなっても生活に困らないようなお金であること、即ち余裕資金であることがとても重要です。

まして、借金をして株取引をするのは言語道断といっていいでしょう。

それは2つの理由によります。

・最悪のことが起きると生活できなくなる
・余裕資金でない場合、メンタル面でも余裕がなくなり、冷静な判断ができにくくなり、そのために、負けやすくなってしまう

★ 損切をしなかったため、含み損が膨らんでしまった。

買った株が残念ながら下落してしまっても、その中に上昇に転じるだろうという根拠のない期待感を持って持ち続け、含み損が増えるという経験は特に初心者はしがちです。

一定のルールで損切をするのはとても大切で、後述の資金管理にもつながります。

★ 高値掴みをしてしましい、買った後下がる一方だった。

好調に勢いよく上昇している人気銘柄は、株初心者にも耳に入って来るものです。

ITバブルの2000年頃、ヤフー株がそうでしたね。

そんな銘柄をついつい買ってしまい、しかしその後は下がる一方だったという事例はとても多いです。

どんなに好業績で上昇している銘柄でも、いつか下がる時が来るものです。

得てして人気銘柄を知った時は、ピークに近いことが多く、そのため高値掴みになって、利益を得るどころか損失を招く結果に陥りやすいものです。

★ 資金管理ができていないため、株取引から撤退を余儀なくさせられた。

余裕資金で行うべきということを先にお話しましたが、一回の取引での最大の損失額というものを資金に照らし合わせて決めておくことは、株取引を継続できるためにも大事なことです。

初心者が覚えておくべき注意点とは?

スポンサーリンク

以上を踏まえて、これから株取引をしようという初心者が頭に刻んでおくべき、そして実践すべきことを整理しましょう。

☆ 余裕資金の確保

株取引は大きな利益を得られる期待がある裏で、大きな損失を被るリスクがあることを今一度、リマインドしなければなりません。

これは頭で分かっていても、株式相場の地合いがよく、自分の買った銘柄が好調に上昇していると、漠然とした自信を持ってしまい、ついつい忘れがちになってしまいがちです。

そうなると、例えば、半年後に必要となる家の改築資金に手をつけてしまい、半年以内にその資金を回収できないような結果を引き起こしたりします。

従って、生活資金とは別に、仮に失っても深刻な状況にはならない余裕資金で株取引をすることはとても重要なことです。

☆ 銘柄選びとタイミングは慎重にすること

どんなにいい銘柄でも高値掴みしたら儲けることもできないし、タイミングはとても重要です。

ですので、巷で聞こえてくる人気銘柄を単純に買うようなことをしないようにしましょう。

高値掴みではないかどうかを、チャートなどを見てしっかりと判断しなければなりません。

銘柄選びは業績面を重視、買いのタイミングはチャートによるテクニカルな判断を重視するのがいいと思います。

そのためには、業績の見方、チャートによるテクニカル手法の勉強は必須です。

☆ 資金管理

一回の取引で被る損失額の上限は資金の2%以内が好ましいと言われています。

2%だと連続50回負けると資金がゼロになることになります。

そして、一回の取引で被る損失額を抑えるためには損切は必須となります。

メンタル面で損切は実行がなかなか難しいところがありますが、含み益のある株があれば、その利益確定を同時に行って心理的負担を減らすなどの工夫も考えていきましょう。

まとめ

一部の富裕層を除くと、余裕資金の確保は簡単ではありません。

従って、ある目標を設定して株年取引用資金のための貯金をするという努力は必要ですね。

そして、現在は100株単位の売買が可能な銘柄も多くなっているし、低位株もたくさんあるので、50万円前後から株取引を始めることも可能ですね。

焦らず、準備万端にしてスタートしたいものです。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする