子供のおねしょの原因は?対策や治すための生活習慣の改善方法とは? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

子供のおねしょの原因は?対策や治すための生活習慣の改善方法とは?

あなたも、子供のおねしょで悩んだりしたことってありますよね?

子育ての中のママ達にとっては避けて通ることはできない
課題となってやってきます。。

ここでは、いつおねしょが始まっても慌てることが
ないように、おねしょの原因と対策や治すための
生活習慣の改善方法などを紹介していきますので
育児の参考にしてくださいね。

そもそも・・おねしょの原因とは?

スポンサーリンク

まず、おねしょの原因についてみていきましょう。

主に原因は4つある、と言われています。

1. 夜寝ている間の生成されている尿の量が多い。
2. 生成されいる尿の量に対して尿を溜める膀胱が未熟で小さい。
3. 睡眠リズムの崩れ。
4. ストレス

上記の事柄が主におねしょになってしまう理由のようですが
幼児期までは、おねしょの様子をみてあげることが大切です。

もし、5歳を過ぎてもおねしょを繰り返してしまうようで
あれば夜尿症かも知れないので「何かおかしいな?」と
感じたら小児科を受診すると安心ですね。

おねしょ対策をしたい・・具体的には?

・おねしょパンツをはくこと(紙製・布製)
おねしょパンツはお手軽で下着感覚で
身につけることができるので子供は抵抗感や違和感などを
感じることなく身につけることができます。

・両面防水掛布団カバー
防水加工がしっかりしているので掛布団を尿で濡れるのを
防いでくれます。

・防水シーツ
敷布団の上に敷く防水シーツなので子供にも気づかれる
心配もありません。

例え汚れてもすぐに洗濯機で洗えて乾くのも早いので
おねしょ対策には便利な物ですね。

・おねしょズボン
見た目は普通のズボンと変わらずズボンの裏側に
防水加工がされています。

保育園でのお昼寝やお泊りの時におねしょが心配と
いうことであれば使用することで子供自身もストレスなく
安心できます。

・スリーパー
裏側に取り外し可能な防水加工がされた布がついて
います。

おねしょが治った後も布を外せば冬の部屋着にも
なるような羽織ものになっていますので
とても役に立つ物になりますね。

全て洗ってしまえば綺麗になる対策グッズばかりです。

すぐにできそうな物ばかりですので子供に合う物を
試してみるのもいいかも知れないですね~。

そして、おねしょをしなかった時には、
たくさん褒めてあげることで子供に自信を持たせて
あげることができますよ!

おねしょを治すための生活習慣の改善方法

スポンサーリンク

さて、子どもの生活習慣に注意して
改善できるためには、どんな点に気を付けるとよいでしょうか?

まず1番大事なことは夜ご飯を食べ終わってから
就寝までの時間をできるだけあけてあげることです。

大体3時間以上あけてあげるのがいいかも知れませんね。

何故なら、食事や水分補給をした水分は3~4時間かけて
膀胱に溜まっていくからなんですね。

なので時間をあけてあげることで
就寝前にお手洗いに行ったときに尿がたくさん出る
ことによって、おねしょの回数が減少していきます。

他にもいくつか改善方法はありますので、ご紹介していきますね。

1.夜ご飯を食べているときや食べ終わった後などの
糖を含んでいるデザートなどは控えるようにする

どのような理由かというと糖には
利尿作用がありますので尿を排出する働きをしてしまい
悪循環になりますので、糖の摂取をしないだけでも
おねしょは治っていきます。

2.睡眠リズムを作ってあげる

おねしょをしてしまう子供は夜の眠りが浅く明け方に
かけて眠りが深くなる傾向があります。

できるだけ夜の眠りは深くしてあげて朝は6時に
起きることが理想です。

睡眠リズムを整えてあげるだけでも、おねしょは少しずつ
改善されていきますのでお子様のおねしょの状態を
みて実践してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

おねしょの原因も子供によって違いがあります。

おねしょをすることで子供を怒ってしまうと
余計におねしょがひどくなってしまうことも
あります。

おねしょは子供の成長においての生理現象ですので
怒ることはしないで冷静に対処をしてくださいね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする