ママ友との付き合い方は?小学校でトラブルになる前の対処法とは?

あなたの周囲にも、このようなママ友はいませんか?

・遊びにきたらいつまでも居る

・話があわないと機嫌が悪くなる

・常に車などの足にさせようとする

・親切を押し売りする

・詮索好きで噂話が好き

付き合い方を間違えるだけで
大変なことになってしまうこともしばしばあると思います。

今回はママ友との付き合い方、トラブルになる前の対処法について
参考になるものをまとめていきたいと思いますので
ぜひともご覧ください!

メリハリをつけて付き合うことが大切!

スポンサーリンク

あなたも、ママ友とは

家庭のこと、子供の勉強のこと、姑問題のこと

様々な内容をママ友に質問攻めにあった経験はありませんか?

最初に悩んでしまうことはここからではないでしょうか。

そして段々と

LINE交換、お茶の時間、一緒に買い物

このような付き合いに慣れている方は
用事がある場合など断ることも問題がないと思います。

一方で、気を使ってしまう、考えすぎてしまうママさんや
悩んでいる方も多いのではないか・・と思っています。

もしかしてうまく対応しないと

仲間外れなどされたりしないだろうか・・?

このようなママさんにいろいろなママさんの対応策を調べてみました。

ママ友との対応のなかでも特に多かったのは

愛想よく笑顔で挨拶は絶対する

家庭の深い話など聞かない言わない

頼まれ事や誘われ事は即答しない

嫌な事はしっかり断る

なるべく信用をして当てにしない

ママさんたちは、みなさん深入りしない関係がいい
と思っている方が多いみたいで
しっかりON OFFを使い分けているようですね

自分の中で、家族ぐるみのお付き合いがしたいと
思われる関係が出来上がることは素晴らしいことですが
人づきあいが苦手の方ならこのような事例を
実践されるのもどうでしょうか。

ママ友との距離感が大事?

スポンサーリンク

ママさんの悩みの一つに、距離感があります。

どこまでの付き合いをしたらいいのか?悩んでしまいますよね。

ママ友がいると答えたママ572人にママ友との距離感について
アットホームさんのアンケート結果で参考になる回答がありました。

ママ友とはある程度の距離感が必要 93.0%

出典元:アットホーム「小学生の母親に聞く、「ママ友との理想の距離」調査」アットホーム
http://athome-inc.jp/wp-content/uploads/2016/04/2016042201.pdf

ママ友と付き合ううえで、ある程度の距離感が必要だと
思っている人は全体数を示している結果が出ています。

ママ友付き合いはそれまでの友人関係とは違い
子供つながりからスタートするため
一定の距離を取って慎重に付き合いたいと
考えているママさん方が多いようですね。

小学校でのトラブルになる前の対処法

ママ友との関係からトラブルの大小にかかわってくることがあると
多くのママさんが考えているようです。

小学生になると、やっていいこと、悪いことの分別がついてくる反面
子供は悪いとわかっていても意地悪をしてしまうことがあります。

このような場合から、どちらの子供が原因であったとしても
ママ友との関係も悪化してしまうこともあると思います。

しかしたくさんのママさんの声は

・子供同士での喧嘩は当たり前のことで
一番大切なことは親がどちらの子の立場になって考える

・子供の言う事だけを鵜呑みにするのは避ける

・加害者になってしまった場合は
ちゃんと怒られる意味を教え子供にも謝罪させる

が多くでています。

我が子との会話などコミュニケーションをしっかりとり
いじめをされていないか、していなかなど
把握しておくことも対策の一つといえるのでしょう。

日ごろからの行動を親が把握していることで、トラブル回避になるのではないしょうか。

まとめ

ママ友との関係も、基本は

我が子のことをよくわかっておく

OnとOffもはっきりしておく

無理をしない付き合い方

というのが大切ですね。

我が子とのコミュニケーションをよくとり
お友達のことをよく聞いておき、そこから
ママ友への対応に進めていくことが良いと思いますよ!

あまり気を張らずに自然体でお付き合いできるよう頑張ってみましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする