モンテッソーリ教育の効果とは?幼稚園や保育園の特徴についても!

あなたが子育て中の親であれば、子どもの教育は永遠のテーマですよね。

私自身も子供のやりたい事を優先しつつも、育児本やインターネットの情報に自分の子供を重ねてみて一喜一憂してしまう事もあります。

今回は無数にある教育法の一つ「モンテッソーリ教育」について考えていきたいと思いますので、ぜひご覧ください!

そもそも「モンテッソーリ教育」とはどんな育児方法なの?

スポンサーリンク

マリア・モンテッソーリというローマ大学の医学博士が考え出した教育法で、当初は障害児の治療教育に携わり実験心理学や教育学に視野を広げ、障害児だけに限らず幼児教育にも活かせる教育法だということから始まった教育法です。

教えとしては、

「子供には自分を育てる力が備わっている」

という考え方が前提になっています。

たとえば、歩く事を手取り足取り教えなくても、自分の力で歩こうとしたり、声の出し方を教えなくても声をだし言葉を覚えたりと、積極的に自分の置かれた環境に関わりながら様々な事柄を吸収していく姿は、正に自分自身の力で成長発達していこうとする姿の表れですよね。

子供が持っている力を十分発揮できる環境と自由な発想が保障された中で、子供たち自身が選択し、自発的に活動を繰り返しながら成長する事を目的としたのが、モンテッソーリ教育です。

大人〔教育者〕が自身の価値観を一方的に教え込もうとするのではなく、あくまで子供の趣味、好み、興味に耳を傾け、一人ひとりの発達段階を正しく理解することがポイントです。

子供の「触れてみたい」「やってみたい」という前向きな発想になるように環境を適切に用意し子供の自発的行動の導きをします。

子ども自身が選んだ項目を満足いくまで取り組むことを目的としているようです。

モンテッソーリ教育の効果は?

スポンサーリンク

以下のような効果があるといわれています。

自立する力が身につく
親や教育者に促させたわけではなく、自分自身で仕事(ここでは遊びを仕事という)を見つけ方法を考えて行動するので、自分の意見をしっかりと言えるようになり自立につながります。

主体的に活動が出来る
自分自身が選んだ事柄の仕事をすることによって自分が中心となり活動が出来るようになります。

そうすることによってその事柄を熱心に研究し極め、やり遂げる事により自信がつきほかの事柄も主体的に行動ができるようになります。

集中力がつく
保護者に促されたわけではなく自分で選択した好きな仕事をすることによって子供特有の夢中になれます。

好きな事をしているので集中力がつき、学校の勉強が始まってもここでつけた集中力をいかして勉学に励む事ができることを期待しています。

縦割りのクラスなのでコミュニケーション能力がつく
一般的なクラスは同じ学年が同じクラスで成長をともにしますよね。

モンテッソーリ教育は同じ学年ではなく縦割り、つまり3歳4歳5歳が同じクラスになります。

そうする事により年長児は年少児を気にかけ、逆に年少児は憧れの先輩と一緒に生活をします。

この生活の目的は自分本位ではなく、周りをしっかり見てフォローしたりという心の成長を促進する事です。

その他にも、モンテッソーリ教育の幼稚園・保育園の特徴としては、全てではありませんが運動会がなかったりします。

教材はモンテッソーリ教育用の教材を教室においておく事により自発的にやりたい事を見つけるという教育法です。

基本的には外ではなく教室の中で行う事が多いので、運動が十分にできているのか?という情報もあります。

しかしそれは各幼稚園、保育園の教育方針にそって行われているので、しっかりと情報収集をしてご自身の教育方針と照らし合わせてみるのがいいですね。

私は親になり気がつけば子供に希望や期待をしてしまいがちです。

子供が知らない事を知れるヒントを出したとしても、子供には自身で好きな事を見つけて遊びの中で楽しんでほしいと思っています。

私たちの子供のころには無かった教育法が無数にありますが、親である私と子供の考えはやはり違います。

子供の趣味や好みにアンテナをはり理想ではなく、子供の無限の才能を伸ばして上げられる親になりたいですね。

何はともあれ笑顔があふれる毎日がおくれますように。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする