副交感神経を高める方法や効果は?自律神経のバランスを整えるには | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

副交感神経を高める方法や効果は?自律神経のバランスを整えるには

今現在は、ストレス社会と言われていて、様々なストレスを身体に受けてしまうことが多いですよね・・?

そんなストレスに充満した環境の中で我々は生活をしているのです。

ストレスが身体に受けて蓄積すると、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は、簡単に言えば身体の機能を整えてくれる役割をしているのですが、ストレスを受け、自律神経が乱れると体調不良など身体に様々な影響を及ぼしまうんですね。

自律神経が乱れる原因は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまう為です。

頭痛、めまい、免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れなどを生んでしまいますが、ストレスが心身にダメージを与えてしまいます。

そこで今回は、自律神経を整えて、健康な毎日を送るためのヒントについてまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

そもそも・・ストレスとは何か?

スポンサーリンク



まず根本的に、ストレスとはどういうものを指すのかご存知でしょうか?

現在は、ストレス社会と言われていますが、様々な要因でストレスを身体に浴びてしまっているんですね。

ストレスは、外部の刺激などが心や身体に影響を及ぼすこと

一番の原因は、職場や学校などの集団行動での人間関係による精神的なストレスが大きいです。

また、仕事量や仕事の環境によるストレスなどを受けてしまいます。

近年では、環境要因も大きいものがあります。

地球温暖化の影響からか、温暖差が大きくなったり、天候が急に崩れたりする事が年々増えています。

環境的な要因もストレスに大きく関係を示すわけですね。

ストレスを受けると身体の中ではどうなっているのか?

さて、ストレスの要因は前述で説明しましたが、ストレスを身体に受けてしまうとどうなるのでしょうか?

我々が、現在、ストレスを多く感じているのは職場での人間関係であったりする精神的ストレスが大きいです。

症状として現れるのは、精神面ではイライラ、頭痛、抑うつ、不安感など気分の変動が大きくなります。

身体的な面では便秘や下痢などの胃腸障害、肩こりなどの症状が出てしまいます。

これらが慢性的に起きてしまうと、日常生活にも影響が出てしまいます。

これらの症状を引き起こす原因はストレスなのですが、副交感神経より交感神経が優位になって、副交感神経と交感神経のバランスが乱れている場合があります。

身体の中で、自律神経のバランスが乱れているために、症状が出てしまうのです。

交感神経と副交感神経とは何か?

スポンサーリンク

交感神経と副交感神経という言葉を聞いた事はあまりないかもしれませんね。

人間の体は、これらがバランスを取りあっていることで快適な生活を送ることができるのですが、バランスが乱れると身体に不調が生まれてしまうのです。

交感神経とは日中など、身体や脳を動かすために活発になる状態に働く神経のことを言います。

良い意味で、緊張状態ということになりますね。

一方で、副交感神経は、リラックスする状態です。

眠りにつく際などリラックスする場面で活発に働くのです。

ストレスを受けると、本来ではあればリラックスする場面でも交感神経が優位に立っていたりする事で、バランスが崩れてしまいます。

リフレッシュさせるためには、副交感神経を優位にさせてあげなければいけません。

副交感神経を優位にする=高めるにはどうしたらいいのか?

一番いい方法は、ストレスを身体に受けないという事なのですが、我々が社会の中で生活していく中では、多少なりともストレスを受けてしまいます。

ですから、ストレスを溜めないように普段からストレス解消法を身につけておく必要があります。

私がお勧めしたい、副交感神経を高めるための方法とは、次の通りですので参考にしてみてくださいね。

1.身体を温める
副交感神経の働きが悪いと、血流が低下してしまいますので冷え性などの原因になります。

身体の温まる食べ物などで身体を温めるようにしましょう。

また、入浴なども効果的ですね。

2.運動や深呼吸
運動をする事で、血流改善などにもつながります。

深呼吸をすることで、呼吸のリズムを整えてくれるのです。

3.腸のマッサージ
身体の中で、腸はストレスなどに敏感です。

ストレスを、受けてしまうと腸がダイレクトにダメージを受けてしまいます。

交感神経が優位になるので、便秘、下痢などの症状が出てしまうのです。

4.リフレッシュする
毎日、きちんと睡眠をとることが重要です。

忙しくて睡眠時間も減少していたりすると、身体が休まることなく披露が蓄積してしまいます。

睡眠の影響を受けないように寝る前のスマホの使用なども控えるようにし、音楽など、心を落ち着かせるものを聴きましょう。

この他にも、バランスのとれた食生活や、ストレス解消できるリフレッシュな事を心掛けましょう。

副交感神経を高めると効果は実感できるのか?

リフレッシュ効果を高めて、副交感神経を優位にしても、効果が実感できるかは個人差などがあります。

しかし、副交感神経はリラックスしている時に優位に立つので、寝つきが良くなったり、リフレッシュできたりします。

交感神経が優位の時は、気が張り詰めているので、緊張状態にありますが、副交感神経が優位の場合は、身体全体がリフレッシュできるので、抑うつ、イライラ、便秘、下痢などの症状が緩和してくると思います。

まとめ


現在は、ストレス社会と言われています。

すると、ストレスを身体に浴びてしまうと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、自律神経が乱れてしまいがちなんですね。

そうすると、イライラ、抑うつ、不安、便秘、下痢などの諸症状を感じてしまうのです。

副交感神経は、リラックスしている時に優位になるものです。

副交感神経を優位にすることで、リフレッシュできます。

寝つきが良くなったり、リフレッシュでき、身体に様々な効果が現れますので、習慣的にリフレッシュできるように、音楽を聴いたり、お風呂に浸りリラックスすることを心がけていきたいですね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする