睡眠不足を解消する食事とは?健康対策に必要な生活習慣についても | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

睡眠不足を解消する食事とは?健康対策に必要な生活習慣についても

1日をしっかりと過ごす為に、疲れや体内のリズムを整えてくれるのが「睡眠」という行為で、人間をはじめとする動物に必要不可欠な行為です。

最近では、多忙だったり面白いテレビ番組が深夜までやっていたりで、あなたもインターネット、スマートフォンなどの整備が整ってきて睡眠不足に陥っていたりしませんか?

質の良い睡眠をしっかりと摂る為に、睡眠不足を解消させてくれるのは実は睡眠の寝方とが時間だけではなく、日常生活の食事や普段の生活にも原因が隠されています。

そこで、睡眠不足を解消するにはどうしたらいいのかを紹介してみようと思いますので、ぜひご覧ください!

適切な睡眠時間とは

スポンサーリンク

人それぞれ、睡眠時間には違いがありますが、人間が1日に必要としている睡眠時間はどれくらいなのでしょうか。

1日に推奨されている睡眠時間は6〜9時間と言われています。

でも、9時間も睡眠を取れている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、睡眠時間が長ければ長いほどいいわけではありません。

睡眠の質も重要です。

いくら9時間寝ていても質の悪い睡眠であればしっかり睡眠が取れているとは言い難いものがあります。

睡眠が必要な理由とは?

1日の疲労やホルモンバランスなどを整えてくれる睡眠ですが、睡眠は何故必要なのでしょうか。

普段、日中、仕事や勉強などで脳を働かせます。

身体が疲れて怠く感じた事もあると思いますが、脳にも同じような症状が起こるのです。

モノを深く考えたり、脳を使ったりすると、エネルギー消費が非常に激しいのです。

エネルギー消費が激しく、脳を休息させる為に睡眠という行為は必要不可欠なのです。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類あります。

浅い眠りと深い眠りの事なのですが、この波が約90分間隔で起こります。

これらを交互に繰り返す事により、質の良い睡眠がとれたと言えます。

特にノンレム睡眠の時に、脳は休息しています。

時間は年齢や生活習慣で乱れたり低下したりすると言われています。

食事で睡眠不足を解消!?

睡眠不足になる原因はストレスによるもの。

病気(鬱病や精神疾患など)によるもの、薬や食品の影響、テレビや映画などに夢中になってしまって…。など様々な要因が挙げられます。

最近では、仕事の多忙さから、なかなか寝付けなかったり、眠りたいのに睡魔がこなかったりする場合もあります。

実は、食事の取り方、食事の内容を見直すことで睡眠不足が解消される場合もあります。

多忙だとどうしても寝る直前に夕食を食べる人もいます。

しかし、眠りにつこうとしている体に、食事は不適切です。

眠りにつく際は、身体の臓器なども働きも低下させようとしますが、食事を摂ることで、胃の働きが活発になり、睡眠の妨げになってしまうのです。

食事は、最低では1時間前までは済ませるようにしましょう。

メニューとしては油っぽいものは、消化に時間がかかるので、同じような理由から消化のいいものを摂るようにしましょう。

オススメのメニューは、良質なお肉を使用したメニューです。

肉類にはアミノ酸も豊富に含まれています。

筋肉成分のみならず、疲労回復などにも役立ちますし、アミノ酸の一種であるグリシンという成分も摂れます。

このグリシンという成分は、快適な睡眠を誘ってくれる成分です。

サプリメントとして販売されたりしていますが、食事からでも十分に摂れます。

カルシウムを摂取する事で寝つきが良くなる

スポンサーリンク

寝たいけれどなかなか眠れないって事ありませんか?

寝付けない時って興奮している時や不安を抱え込んでいる時、神経が過敏に高まったりしている時になります。

そういう神経の緊張を静めてくれるのがカルシウムの役割です。

カルシウムが不足するとイライラするとか耳にするとおもいますが、それと同様に、神経が過敏の働いている時は血中のカルシウムが不足している場合があります。

カルシウムを積極的に摂取しようとすると難しいかも知れません。

日常生活の中で、気軽に摂っていただけるのが「牛乳」なのです。

牛乳を寝る前に摂取する事で血中のカルシウム濃度を上げてくれるので、神経の緊張・高ぶりを鎮める効果が生まれて寝つきやすくなります。

睡眠を妨げる行為とは?

快適な睡眠を摂取する方法として上記で代表的な対策を説明しましたが、では睡眠の妨げになる行動とはどういうものがあるのでしょうか。

1、カフェイン
コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、覚醒作用があります。

なので、寝る前に飲むと眠りが浅くなったり、寝付けなかったりします。

寝る間際までコーヒーなどを飲んでいる人もいますが、できるだけ控えるようにしましょう。

2、スマホの利用は最低1時間前までに
スマホやパソコンなどの画面から発せられているブルーライトは、目の角膜を通過して網膜までダイレクトに届きます。

すると、脳が覚醒してしまったりして質のいい睡眠が取れなくなります。

3、アルコールもほどほどに
寝酒などで、寝つきを良くする意味合いでお酒を飲まれる方もいます。

アルコールは体内の体温を上げる効果があります。

実は、体温が高すぎると眠気がおきにくくなります。

過度な飲酒でなければ大丈夫ですので、ほどほどに飲みましょう。

以上の3つは睡眠不足を招いてしまいますので、注意しましょう。

まとめ〜睡眠で健康生活を〜

睡眠は人間にはなくてはならない行為で、脳を休ませ疲労回復の意味合いで摂取が必要です。

睡眠をしっかりと摂取する事で、健康的な生活が送れるのです。

その為に、日常生活の中で気をつけてほしい事もあります。

例えばカフェインの摂取、アルコールの摂取、スマホなどの利用などです。

これらは睡眠の質を低下させますので、なるべく寝る前は控えましょう。

忙しいと、仕事から帰宅して食事してすぐに寝る人もいますが、睡眠の1時間前までには最低でも食事を済ませましょう。

質の良い睡眠を摂ることで疲労回復ができて、快適な健康的な生活が送れるので参考にしてみてください!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする