目の疲れを解消するには?効果ある食べ物や栄養と生活習慣の改善も | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

目の疲れを解消するには?効果ある食べ物や栄養と生活習慣の改善も

現代では、疲れ目になる要素がたくさんありますよね。

スマートフォン、ゲーム、パソコン、タブレットなど様々です。

日常生活において、これらは必要不可欠と言ってもいい程、生活の一部となっているのが現状です。

長時間それらの画面を見つめる事で、疲れ目になったり、ピントが合いづらくなり、ぼやけてしまったりします。

こんな疲れ目の症状は、生活習慣を変えるだけで改善できたり、目の疲れを効果的に取ってくれる食べ物をとる事である程度は改善する事が可能です。

そこで、疲れ目を解消する栄養や生活習慣について見ていきたいと思います。

そもそも、目が悪くなる原因とは?

スポンサーリンク

まず初めに、そもそも目が悪くなる原因はいったい何なのでしょうか?

スマートフォン、パソコン、テレビ、ゲームなど様々な目を使うシーンが増えてきました。

仕事においても、デスクワークが増加して1日パソコンと向き合っているケースも珍しくありませんよね?

プライベートでも、スマートフォンで連絡を取り合ったり、趣味のゲームをしたりと目を酷使する事が昔と比べると多くなってきているのが現状です。

生活の一部となっているので、これらの習慣をいきなり止めるという事は難しいかもしれません。

それに仕事の場合はどうしようもありませんよね。

目が悪くなる原因は、長時間、一点を見続ける事でピント調整機能が低下してぼやけたりしてしまうのです。

長時間画面を見続けたりする事で、目の周辺の筋肉が凝り固まり、疲れ目として症状が現れます。

この状態が長く続いたりすると、視力低下などの現象が現れますので注意が必要になります。

こまめに休憩を取りましょう。

理想は、1時間程度作業をしたら数なくとも5分は画面から目を背け、目を休めましょう。

ドライアイも目の疲れの原因!?

仕事でパソコンの画面と睨めっこしていると、瞬きの回数が減少してしまいます。

また、オフィス内の空調などの影響でドライアイになる場合があります。

また、コンタクトレンズを使用している人は着用していない人と比べると、ドライアイになる確率が高いので注意が必要です。

対策としては、オフィス内など室内が乾燥しすぎないように加湿も心がけたり、休憩を挟んで作業に当たったり、意識的に瞬きを心がけて、目の表面が乾燥させないようにしましょう。

また、ドライアイで目が重かったり、ゴロゴロする感じがありましたら、目薬などを利用して乾燥や不快感を取り除くようにしましょう。

無理に瞬きをしたりすると、角膜が傷つき視力低下などの原因になります。

生活習慣を見直してみよう!

スポンサーリンク

仕事でもデスクワークが増えてきていて、1日中パソコンやタブレットなどで作業する時間が増えてきています。

作業効率が手書きよりも向上し、時間が短縮して作業ができると同時に、疲れ目などの肉体的なデメリットも生まれます。

疲れ目を感じていると、感じるようになった時は生活の一部を見直してみると原因が潜んでいる場合があります。

例えば、夢中になってゲームを長時間したり、好きな読書を寝る間も惜しんで読んでいたり。

生活習慣もそうですが、長年の癖でもある「姿勢」も疲れ目に関係してきます。

猫背など、姿勢が悪いと疲れ目の原因になったりします。

また、長時間パソコンなど作業する事が増えると、前述しましたが、ピント調整がうまく働かなくなり、結果としてピントが合わなくなり、疲れ目を生んでしまうわけですね。

要は、目を酷使する時間が多いくということです。

目を休ませるなどの対策を取りましょう。

栄養不足でも目の疲れは起きる

目も身体の一部です。

栄養も必要なわけで、ビタミンAやルテイン、アントシアニンなどの成分は、目に必要不可欠です。

また、水分不足ですと、ドライアイなどの原因にもなってしまうので、水分もこまめに取る事が重要です。

テレビのコマーシャル等で、ブルーベリーが目に良いとされますが、ブルーベリーやビルベリーなどは、アントシアニンを豊富に含んでいる為、目の疲労を取ってくれたり、目に入った有害物質を除去してくれる働きがあります。

目に良い成分・栄養素が欠けてしまうと、疲れ目などの症状が現れてしまう場合がありますので、積極的に取るようにしましょう。

目に良い食べ物はブルーベリーもそうですが、カボチャやニンジンなども目のビタミンと言われているビタミンAも豊富に入っていますので、積極的に摂るようにしましょう。

そして、栄養を摂ると同時に、目を休ませることも忘れないでくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現代において、疲れ目は切り離せないものになっています。

パソコン、スマートフォン、タブレットなど、目を使うものも充実していますからね。

これらの画面から発せられているブルーライトは目を疲れさせることにつながるので注意が必要です。

目が疲れる原因は、長時間一点を集中して見続けることで、ピント調整が上手く働かなくなり、結果として疲れ目として症状が現れます。

放置すると、視力低下などにつながります。

また、オフィス内などの室内に置いて、空調設備などが影響したり瞬きの回数が減少してドライアイになる場合があります。

加湿器などを利用して防いだり、ひどい場合は点眼をする等対策を取りましょう。

そして、目に良い、ビタミンAやルテイン、アントシアニンなどの豊富な食事をとり、パソコンなどの作業する際は、休憩を挟みながら作業するようにしましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする