アサイーは子どもや妊婦もOK?気になる栄養効果と副作用の影響とは

メディアなどで取り上げられて注目されるようになった「アサイー」ですが、スーパーフルーツの一種で、栄養価が高く影響補給や美容などにも優れた働きがあるんですね。

ダイエットを目的とした効果や、美容や健康を目的とした効果などが言われていますが、副作用などはないのでしょうか?

また、妊婦さんや子供などもアサイーを摂取して大丈夫なのでしょうか、このあたりについてまとめてみましたのでぜひご覧ください!

そもそもアサイーって何?

スポンサーリンク

アサイーが健康や美容に良いといろいろなメディアを通して知った人もいるでしょう。

ところで、アサイーとはどういうものなのでしょうか。

栄養価が非常に高くてスーパーフードとして知られていますが、ブルーベリーの一回り大きいヤシ科の果実です。

アサイーベリーとしても親しまれており、ブルーベリーやビルベリーのような感じですが、種類は違います。

抗酸化作用が非常に強く、健康や美容に効果をもたらしてくれます。

アサイーにはどのような栄養素が含まれている?

アサイーの代表的な栄養素は何か見ていくと、ポリフェノール、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。

日常生活において、栄養の偏りであったり、生活習慣病の予防、美容促進などに効果をもたらしてくれます。

さらに、アミノ酸、ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれているのですが、中でもポリフェノールは豊富で、ブルーベリーなどの果実などと比べてみると圧倒の多さを含みます。

アサイーが身体に与える影響や効果は?

栄養価が高く、生活習慣病、美容などに効果をもたらすと述べてきましたが、具体的に見ていきます。

アサイーは豊富なポリフェノールを含有します。

ポリフェノールは抗酸化作用が非常に強いので、身体の中のサビや老化防止に役立ちます。

アンチエイジングや、生活習慣病の予防にはうってつけです。

さらにポリフェノールの中でもアントシアニンが多く含有されているので、目の病気の予防にも役立ちます。

視力低下、疲れ目、白内障などの予防効果が期待できます。

抗酸化作用が強いので認知症の予防にも役立ちます。

また、鉄分も豊富に含まれているので貧血傾向の人には最適といえます。

ビタミンも豊富に含まれているので、鉄分の吸収率も良いでしょう。

食物繊維も豊富に含まれているので、便秘改善、腸内環境の改善にオススメです。

アサイーの副作用や子供や妊婦には大丈夫!?

現代は、スマホなどの影響で目が悪くなったりする人が増えてきているので、ブルーベリーの18倍ものアントシアニンを含むアサイーで眼病予防できれば効果的ですが、栄養価の高いものなので副作用なども気になりますよね。

サプリメントなどで販売されている商品もありますが、食品として摂取する事による副作用は報告されていません。

ただ、過剰に摂取してしまうと下痢になる人や、ヤシ科の植物ですので、ヤシ科のアレルギーなどがある場合は摂取は控えましょう。

当然、豊富な栄養素が詰まっているので子どもも是非食べて欲しいです。

成長期に欠かせないカルシウムや鉄分ミネラルは重要です。

妊婦さんにおいては、便秘になりやすかったりしますので、食物繊維で便通の改善、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

子どもや妊婦さんが食べても問題になる成分は含まれておらず、是非とっても来たい成分でできているので、積極的に摂取していただきたい。

ただし、食べ過ぎは注意です。

アサイーは日常生活の見方!

抗酸化作用があるので、細胞を綺麗にしてくれ、血流を良くしてくれます。

血流が良くなるという事は、冷え性やガン対策ができます。

冬の寒い日や、女性で冷え性の人は血流を改善していただく事が重要です。

また、ビタミンやアミノ酸を豊富に含むので、肌にも効果的ですので、冬の手荒れのシーズンは男女共にオススメの食材です。

冷え性や手先の荒れ、健康維持や病気の予防など多くの効果をもたらしてくれる日常生活における見方と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スーパーフードとして、美容や健康など様々な方面で効果があるとされて注目を浴びている「アサイー」です。

アサイーには、豊富なビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分、食物繊維、そしてなんと言っても豊富なポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは、眼精疲労や視力低下、そして、血流を改善してくれる働きがあるので認知症、冷え性、ガン予防など様々な効果をもたらしてくれます。

また、ビタミン、アミノ酸が豊富に含まれているので、コラーゲン生成を助けてくれますので美容にもオススメです。

子どもや妊婦さんが食べても有害な成分が含まれていませんので、どなたでも試していただけますが、食べ過ぎてしまうと、下痢などの副作用が出ますので食べ過ぎ注意です。

毎日続けることで健康の毎日を送る為に有効な食材ですので、是非試してみてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする