眠気覚ましの方法とは?車の運転に効果ある食べ物や飲み物について

長期連休や夏休みなどがこれからの季節増え、家族、友達、カップルで車に乗って出かけたりドライブしたりする事が多くなると思います。

車の運転で一番怖いのは“事故”です。

長距離を運転していて眠気を催す事もあると思います。

一瞬、意識が飛んだりする事がよくあります。

どうしても、長距離運転していると眠くなってしまうのです。

眠くなったら、サービスエリアやパーキングエリアなどに寄って、仮眠を取ったり、眠気防止するためにコーヒーを飲んだりする事で眠気を防止するなり、無理をせず休憩をとってもらうのが一番ですが、運転中に眠気が襲ってきたらどうしたらいいのか?についてまとめてみましたので、ご覧ください!

運転中に眠気?何故起きるのか

スポンサーリンク



運転に集中していれば、眠気なんて来ないだろうと思うこともあるかもしれません。

車の運転は、カーブがあったり必ずしも完全なるまっすぐな道ではないので、運転に集中していると思います。

私はこれまでテレビなどで「居眠り運転」など耳にして、不思議に思った事もありますが、車を運転するようになり、眠気が起きてしまうという事が理解できました。

では、なぜ、運転中に眠気が起きてしまうのかを見てみます。

長距離を運転する際は、十分な睡眠が摂れていない睡眠不足が原因とも考えられます。

待ちに待った旅行が楽しみで眠れなかったという事も考えられるでしょう。

しかし、十分に睡眠が摂れているのにもかかわらず眠気が襲う事が運転中によくありますよね?

まず、「直線区間」と「カーブ区間」で居眠りをしやすい区間を見てみると、圧倒的に「直線区間」での居眠り運転があるのです。

つまり、平凡な道が続くと眠気が襲ってくるのです。

高速道路など、平坦な道を走行していると眠くなりませんか?

平坦な道に加え、道の舗装も綺麗だし、車のエンジン音も今では気にならないくらい静かになりました。

車内は、眠気を誘発しやすいくらいの気温になってしまうのです。

これらが相乗効果を生み、眠気を起こしてしまうのです。

運転中の眠気を取るには?

運転していて、眠気を感じたら近くのパーキングエリア、サービスエリアなど安全な場所に行きましょう。

予定していた場所より手前であっても、眠気を感じたら寄って眠気を取ってからハンドルを握りましょう。

予定していたサービスエリアより手前だから、無理をして予定していたサービスエリアに行くリスクを考えると眠気を感じたら、近くの最寄りに寄って眠気を取る方が先決です。

眠気を取るには、眠気防止作用のあるカフェイン含有のコーヒーや、ミントの効いたガムなどを食べるといいでしょう。

また、軽いストレッチをしたりして、身体を動かす事で眠気が防止されます。

冷たい水で顔を洗ったり、人と話したりしましょう。

旅行で同乗者がいる場合は、楽しい話に花を咲かせてみて眠気をとりましょう。

眠くなる時間帯を避ける

統計によると、深夜〜早朝、午後2時〜4時の間において、居眠り運転のリスクと事故の割合が多くなっているのです。

深夜は当然、周囲が暗く眠気を誘発させる環境にあります。

午後2時〜4時は、お昼ご飯を食べて眠気がやってくる時間帯です。

この眠気がやってくる時間帯をできれば避けたいものです。

旅行に行くの であれば、この時間帯にアトラクションや、観光スポットを巡ったりする事に当てれば眠気も吹っ飛びます。

カフェイン、ガム、ストレッチ、目薬などで眠気を防止するのも方法の一つですが、眠くなる時間帯を避ける事が事故を予防する一番の対策ではないでしょうか。

居眠り運転を防止する為には

スポンサーリンク



運転中に眠気が起きてしまうのは、致し方ない部分もあります。

しかし、予防が肝心です。前述で触れた眠気の催す時間帯を避ける事もいちばんの方法かもしれませんが、どうしてもその時間帯に移動することもありますよね。

居眠り運転を防止する為には、日頃から規則正しい生活を送ることが大切です。

特に、長距離を運転する際は、十分に睡眠を摂りましょう。

睡眠の時間が少ないと比例して事故率が向上しています。

しっかりと睡眠を摂取して、眠気が起きないようにしましょう。

時間にゆとりを持とう!

旅先など、どうしても計画していた時間とずれが生じてしまい、焦ることもあります。

ハンドルを握る時は、冷静にハンドルを握らないといけないのですが、時間に押されているとどうしても焦る気持ちが募ります。

ある程度、計画の段階で時間に余裕をもたせましょう。

時間にゆとりがないと、“急ぐ”気持ちばかりが先行してしまい、冷静な判断ができなくなります。

それで眠気が吹き飛べばいいですが、そういかないのが現状です。

高速道路などなどでは、同じような光景が続く区間もありますので、眠気が起きやすくなります。

高速道路は、スピードもある程度出ているので、ふとした判断ミスが事故へと繋がるケースがあります。

眠気を感じても、時間に追われているとしてもゆとりを持ち、休憩を十分に取る、眠気を覚ましてから、車を運転するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

連休になったり、夏休みなどを利用して遠出する事もあると思います。

車で旅行する際に、怖いのは“事故”です。

気をつけていても事故になる時はなります。

その中で、居眠り運転も起きてしまいます。運転中に眠気が起きてしまうには、睡眠不足などの原因もあります。

眠気を感じたら無理をせず、休憩を挟みましょう。

時間にゆとりを持って行動をする事が重要です。

また、眠気が起きたら、仮眠を取ったり、ガムを噛んだり、カフェインを摂取したりしましょう。

常に、眠気防止に努め有意義なドライブにしましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする