ヒハツのダイエット効果とは?気になる成分や健康への影響とは? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

ヒハツのダイエット効果とは?気になる成分や健康への影響とは?

あなたもヒハツという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ヒハツとは、コショウ科で、昔の中国やインドでスパイスとして利用されているんですね。

今回はこのヒハツについて、気になる成分やダイエット効果と健康への影響などについてまとめてみましたので、ご覧ください!

最近注目のヒハツってそもそも何?

スポンサーリンク



まずヒハツとは?について説明していきますね。

ヒハツは東南アジアに分布していて、香辛料や昔は薬まで利用されました。

12世紀のヨーロッパもコショウより安いヒハツの方が一般的だったそうです。

日本では沖縄の鄉土料理で使われているんですね。

最近はヒハツは健康やダイエットまでに効果があるということで、とても注目されてきました。

ヒハツに含まれている注目すべき成分は「ピペリン」や「チャピシン」などですかね。

これらは特に高血圧防止に効果があるんですよ。

ヒハツはコショウととても似ていまして、コショウと同じ辛みもあるし、特別な甘みと香りがあります。

日本では漢方や、食品などに配合されているようですね。

ヒハツの成分とは?

具体的な成分についてですが、以下のような感じです。

ピペリン
ヒハツの注目成分ピペリンは抗菌作用があり、お肉の腐敗などにも使われてました。

ピペリンは毛細血管を膨張させ、血行を良くします。

体温も上昇しますので代謝もアップし、栄養吸収を促進します。

チャビシン
チャピシンはピペリンと同じように、辛みの一つであり、抗菌・防腐・血行促進・食欲促進効果も期待できます。

ピペロングミン
強力な血管弛緩で作用するほか、がん細胞を死滅させる効果があると言われています。

つまり、抗がん作用があるということですね。

気になるダイエット効果や健康への影響とは?

スポンサーリンク

さて「ロングペッパー」あるいは「インド長コショウ」と呼ばれているヒハツは体にどんな効果があるのでしょうか?

まずは高血圧抑制の効果について。

ヒハツに含まれている「ピペリン」という成分は、血管内の一酸化窒素を促し、血流をよくします。

ヒハツからピペリンをとると血管が広がり、血圧を下がるのです。

それから冷えにも効果があります。

なぜかというと、高血圧に改善するのと同じく、ピペリンが辛み成分で、血管を広げ、血流を促進するからなんですね。

このように血の循環が良くなり、栄養も体に届くことになり代謝が良くなるというわけです。

こうして血液も手や、足の末端まで届けられ、冷え改善に効果がありそうですね。

血流を改善し、発汗も促進されるのでダイエットに効果があると言われていますね。

ヒハツは確かに体温上昇を促進し、それによってエネルギーの代謝が増えますね。

カロリー消費が増えますので、ダイエットに効果があると言えます。

また、むくみと肩こりに改善も期待ができます。

ヒハツは手や足の端末まで血流届けられるによって水分が回収され、手足のむくみの解消期待できるんですね。

肩こりも、血流がよくなり肩こり解消もできるようです。

また、美肌效果もあるといわれています。

ヒハツって皮膚の血流も改善できるので、栄養も水分も循環が良くなり、肌がきれいになるんですよね。

ヒハツをとって、美しくなっていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヒハツによる効果で、体に健康的になりそうですね。

特に高血圧だったり動脈硬化などの心配があるようであれば、ヒハツが、血圧が正常値にキープすることにも期待できそうです。

しかも、今の時代でサプリメントがあるので、手に入れるのは難しくないですね!

食品はたくさんの量を撮らなければ、効果が出にくいですのでサプリメントの方がオススメですね。

続けて飲むときっと効果が出るので、続けてみてください。

ドラグストアやネットでも様々なヒハツを配合する健康食品やお茶までありますので、ぜひ飲んでみてくださいね!

※以下から購入もできます。

最近では健康に関心が高まり、スパイスだけで利用されてるではなく、普段食生活ととともにサプリメントで摂る人も結構たくさんいるようです。

「血流循環をよくする」「代謝促進」「体温上昇」などの効果が期待できますし、ダイエットの効果に様々期待できますので。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました!

参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする