炭水化物とは?抜くとダイエットの効果あるの?やり方や危険性は? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

炭水化物とは?抜くとダイエットの効果あるの?やり方や危険性は?

特に若い女性は体型が気になりダイエットをしている人や
これから始めようとする人はいるのではないでしょうか?

私たちの周りには美味しい物であふれていて
ついつい食べてしまいますよね・・

栄養素の中に「炭水化物」があるのですが
炭水化物がダイエットに大きく関わっているので
炭水化物を抜いたダイエットをしている人や
これから始めようとしている人がいるんですね

では、炭水化物とは一体どういう栄養素で
ダイエットの効果はあるのでしょうか?

炭水化物を減らすことで身体・健康に害は無いのか?
情報をまとめてみましたので、以下ご覧ください!

そもそも炭水化物について知っている?

スポンサーリンク

炭水化物は、我々が普段主食としている白米、パン、いも類などに
含まれています。

糖質であったり食物繊維を合わせて「炭水化物」と呼びます。

炭水化物が体内で消化吸収されると
身体を動かすためのエネルギーとして使われるんですね

炭水化物が体内に入ると、ブドウ糖に変換され、血液中に乗るのですが
特に脳の主なエネルギー源なので、糖分が不足すると
思考力の低下や集中力の欠如など挙げられます。

炭水化物抜きがダイエットになる理由

身体を動かすためのエネルギーになったり
脳の働きを良くする為に必要な炭水化物ですが
炭水化物を抜く事でダイエットに繋がるのでしょうか?

多種多様にダイエット法がある中で、炭水化物を抜いた
糖質制限ダイエットを行なっている人が見受けられます。

これからダイエット始めようとしている人の中にも
考えている人が多いのではないでしょうか。

では、炭水化物を抜いた(制限)した
ダイエットは効果があるのか見て行きますね。

炭水化物の働きは前述した通り、身体を動かしたり
脳の働きをよくするエネルギーの源ですが、お腹周りが気になったり
太ってしまう原因は余分に炭水化物を接収してしまう事が原因です。

美味しくてついつい食べ過ぎてしまう場合が多いですよね。

カロリーを摂取したら、その分消費してあげなければいけないのですが
運動量が不足したり、社会人であれば
運動している時間などがなかったりします。

その結果、

消費カロリー < 摂取カロリー

となってしまいます。

勿論、消費されないエネルギーは身体に貯蓄されてしまうのが太る原因です。

また、糖質を口から取り入れると、インスリンという物質が出て
血糖値を急激に上昇するのを抑えようとするのですが
このインスリンが脂肪として蓄積されやすいものでもあるのです。

ですから、炭水化物を抜く事によりダイエットに繋がるというわけです。

炭水化物を抜くことに危険性は無いの?

危険性と言えば、ダイエットで言うならば「リバウンド」だと思います。

リバウンドするとどうしても身体のリズムが変わったり
負担が掛かってしまうので、できれば
健康的に維持していく事が望ましいですよね?

炭水化物を完全に抜く事はデメリットしか生まれません。

上記で説明した通り、集中力が欠如したりする事で
日常生活に支障が出てしまう事もあります。

思考を司る脳は糖分をエネルギーに動きますから
炭水化物を制限する事で、機能が上手く働かなくなる
のです。

また、炭水化物を制限してしまうと
疲労感が取れなくなり疲れやすくなります。

炭水化物ダイエットの好ましいやり方にいついて

スポンサーリンク

主食にしている白米、パン、炭水化物の塊といっても過言ではありません。

前述したとおり炭水化物は、糖質と食物繊維で出来ているので
摂取量が過剰になると、脂肪として蓄積されてしまうのです。

そこで、炭水化物を制限することで、ダイエットを志そうとすると
前に説明したような弊害が起こりデメリットしかないのです。

では、正しい糖質制限(炭水化物)ダイエットの方法は
どのようにすればよいでしょうか?

望ましいのが、今現在(ダイエット前)の食事内容を
詳しくチェックして見る事が重要
です。

現在の食事の中で、炭水化物が多い状況であれば
なるべく炭水化物の量を減らしていけるように心がけましょう。

まずは、食事を制限したり糖質制限をしてダイエットするより以前に
3食規則正しい食生活が送れるようにする事がとても大事です。

炭水化物は主食でもあるが故に、ついつい食べてしまうのです。

そこで、主食の米であるならば、玄米などに変えてみたりしましょう。

また、脂肪の吸収を穏やかにする為に、食物繊維を食事前に取り入れたり
炭水化物をエネルギーに変えてくれるビタミンB群の豊富な食材を
取り入れたりする事も重要
です。

ただ単に、炭水化物を抜くのではなくて、量を減らして摂取カロリーを抑え
そして、エネルギーに変換しやすい栄養素を摂ることが
健康的なダイエットには重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エネルギーの源の「炭水化物」ですが、摂取量が多いと
消費されにくく脂肪として蓄積されますのが、太る原因
です。

炭水化物は、我々の主食として食べている白米、パン、小麦粉などで
ついつい多く食べ過ぎてしまったりするのです。

そこで、炭水化物を抜いてダイエットなどもありますが
炭水化物を抜く事で、エネルギー源になるものがなくなるので
ダイエットには繋がりますが、リバウンドや多種多様な
健康被害も引き起こしてしまいます
よ。

現状の食生活を見直して、炭水化物の量を減らすことで
健康的かつダイエット成功になります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする