複数内定で悩む!新卒で後悔しない企業選びや判断軸のポイントは? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

複数内定で悩む!新卒で後悔しない企業選びや判断軸のポイントは?

就職試験で複数の企業から内定をもらった新卒のあなた、実に喜ばしいことですが、就職できるのは勿論一社のみ、どの企業を選ぶか悩むところですね?

贅沢な悩みかも知れません。そして、明確な期限はないものの、入社するか否かの返事をいつまでも引き延ばすわけにもいかないというプレッシャーも感じるでしょう。

就職する企業の選定はあなたの人生に大きな影響を与えることであるだけに、慎重にじっくりと考えたいところですが、内定をもらった企業の人事担当者への配慮も必要ですね。

今回は、そんなあたなに後悔しないような企業の選定をするための判断軸のポイント等について考えたいと思います。

企業選びの判断軸

スポンサーリンク



企業選びのための判断軸というものには、

仕事内容
給料(初任給だけでなく、5年後、10年後・・)
待遇
勤務地
業界の将来性
業績

などと色々あり、あなたにとっての優先度を考慮しながら、就職先を決めましょう。

出来る限り、周囲の色々な人から意見を聞くことはとても大切だと思います。

社会経験のないあなた一人だけで考えると、思い込みや偏見があったり、情報を正しく分析できないことが起きやすいからです。

それらを防ぐためにも、多くの人の意見を聞くようにしましょう。

その上で、結論を出すのは勿論あなたです。

先述の判断軸の中で、仕事内容、業界の将来性については特に様々な人から意見を聞くことが重要だと思います。

また、判断軸の中で日常的にあなたのモチベーションに大きな影響を与えるのは、やはり仕事内容ではないでしょうか。

毎日の仕事が自分に合ってないため、苦痛を感じるようだと毎日、重い足取りで出勤しなければなりません。

逆に、あなたが色々と工夫をしたり、アイデアを出したりする余地のある、あなたのオリジナリティを出しやすい仕事だと毎日充実した気持ちで仕事に取り組めるものです。

でも、まだ社会経験のないあなたが、どんな仕事が自分に向いているのか、そうでないのかを予測するのは難しいので、その観点で長年社会人をしてきた人に相談をすることはとても大事ではないでしょうか。

同じ職種でも若い時と、管理職になってからでは仕事の質はかなり変化するはずです。

管理職になると、実務レベルのことを自分がするのではなく、部下にさせて、節々で的確なアドバイスをする、進捗管理をするというように管理能力を要求されます。

従って、長いスパンで仕事内容をイメージして企業選びをしたほうがいいわけですが、新卒のあなたがそのような見通しをするのは並大抵ではないはずです。

そのためにも、しかるべき人に相談をしてアドバイスを貰うことはとても大切ですよね。

入社か辞退かの意思表示のタイミング

スポンサーリンク



冒頭でも少し触れましたが、内定をもらった企業に対して、入社か辞退の意思表示を余り待たせるべきではありません。

入社を辞退すると企業側は必要な人員を確保できないことになり、困ることになります。

ある程度の辞退者を想定して、多めに内定通知を出しているとしても、それでも足りなくなったときは、補充計画を実施しなければなりません。そのためにも、せいぜい一週間以内には意思表示するようにしたいものです。

そして、辞退する相手にはお詫びと感謝の意を表すようにしましょう。

なお、辞退の理由については詳細な説明をする必要はないし、しないほうがいいと思います。

人事担当者は、新卒就活者が複数社の面接を受けるという事情も、従って辞退される可能性も想定しているはずですので、残念ではあっても、不快感を覚えることはないはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人生に大きな影響を与える仕事だけに、面接をする会社を決める段階で、すでに真剣に絞り込みをしていると思いますが、複数の内定をもらって最終的に一社を選ぶという最後の決断の時、ポジティブな気持ちで頑張りましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする