FX初心者の失敗あるあるは?ナンピンや損切でリスク回避できる? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

FX初心者の失敗あるあるは?ナンピンや損切でリスク回避できる?

FXというトレードは魅力的な投資ではありますが、儲けるのはなかなか難しいものです。

それどころか、FX初心者は思いもかけない大きな損失を招くことが珍しくありません。

では初心者はどんな点に気をつけるべきなのでしょうか?
そしてナンピンや損切をどう活用すればよいのか・・などなど
まとめてみましたので、これからFXをやってみようかと思っている人は
参考にしてもらえたらと思います。

FX初心者がやってしまいがちな失敗とは?

スポンサーリンク

先物と同じように、FXにはレバレッジというものがありますが
相場が思惑と反対の動きをした時に、このレバレッジが想像以上に
大きな損失を招く元凶となるのです。
(レバレッジ:預けている証拠金の何倍の取引が出来るかという数字)

最大レバレッジは25倍と日本の法律では決められていますが、この25倍の
場合について例をあげてみましょう。

ドル円を112円で1万ドル買った場合、取引金額は112万円となり
レバレッジが25倍なので、必要証拠金は112万円の25分の1で、約5万円となります。

即ち5万円入金しておけば、1万ドルの取引が出来るということになります。

ということは100万円を証拠金として預けておけば、20万ドルの取引が可能となります。

ドル円が数日間で3円ぐらい動くことは十分に有り得ることですが
思惑と逆方向に3円動くと20万ドルなら60万円の評価損を招くのです。
100万円あった証拠金が数日で40万円に目減りしてしまうということになります。

ですので、レバレッジをフル活用した取引量にするのは危険だということです。

25倍であっても、資金の(例えば)5倍までの取引しかしないという
自分なりのレバレッジを決めておくことがとても大切ですが
FX初心者はついついフルに25倍の取引を行いがちなところが怖いところです。

海外のFX会社だとレバレッジが200倍以上というのもあるので
なお更に気をつける必要があります。資金の200倍もの取引をして
思惑と逆行した動きになると大変ですよね。

初心者とはいえ、大きな利益を得ることが可能だという裏には
大きな損失を招く危険性もあるということは知識としてあるでしょう。

でも、実際に苦い経験をしないと体で理解をすることはなかなか出来ないと思います。

もう一つ、心理的なことが災いして、失敗をすることもあります。

トレードというものは、思わしくない状況にあっても、即ち評価損があっても、
決済するまでは損失確定にはならないので、根拠もなく回復することを
期待してしまうことが少なくないですよね。

どんどん評価損が増えてしまい、有効な証拠金がゼロに近づいたところで
強制的に損失確定の決済に至るということがFX初心者ではよくあることです。

ナンピンとは?どのように活用すればリスク回避になる?

スポンサーリンク

  相場が思惑と反対方向に動いた場合、追加で同じ方向にエントリーして平均エントリー値を、買いの場合は下げる、売りの場合は上げるという「ナンピン」という手法の是非については賛否の分かれるところですよね。

  私は、ナンピンは使い方を間違えなければ有効な手法だと思っています。
 レンジ相場において、且つ、資金と相談の上、ナンピンの回数を自分で予め決めておけば大きな怪我をすることはないでしょう。トレンド相場でナンピンをどんどん行ってしまうと、まさに土壺にはまってしまいます。
  

損切についてはどう考えるべき?

評価損が大きくなったら、損失を確定する決済を行うという「損切」は
とても重要だし、必須事項だと思います。

ただ、心理的になかなか難しい行為ではあるし、これが出来ないために
多くの人がトータルで負けてしまうのだと思います。

特に、先ほどお話したレバレッジをフルに活用していた場合には大変です。  
自分なりのルールを設けて、強い意志を持って損切を行うしかないと思います。

FXというトレードは、レバレッジを適切なレベルで使うことによって
わずかな値動きで大きな利益を得ることが出来ます。

ですが、ナンピンの使い方を間違えたり、損切をしなかったりということを徹底すると
大きな損失を招きますので、腰を据えて、慎重に臨むことが大切ですね。

いかがでしたでしょうか?
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする