三角持ち合いとは?FXで勝つためのブレイクやだましの見極めのコツ

あなたもFXなど投資を勉強する中で
三角持ち合いという言葉、聞いたことがあるのではないでしょうか?

FXのレンジ相場では、「三角持ち合い」という状況が
起きることがあるんですね。

この状況というのは、レンジ相場がブレイクして
トレンド相場に転換する前ぶれ的な期間であり
チャートからブレイクのタイミングを判断しやすいので
利益をとるためのいいチャンス
となります。

是非見逃さないようにしたいものですね?

そこで、三角持ち合という状況をどのようにして判断するのか
そしてその状況において、エントリーチャンスを
どのようにして判断するのかについて、ポイントをお話ししたいと思います。

三角持ち合いの判断方法とは?

スポンサーリンク

三角持ち合いには、以下の3つのパターンがあります。

【1】レジスタンスラインと上昇トレンドライン

上図のように、レジスタンスラインと上昇トレンドラインによって
三角形が形成されるパターンの三角持ち合いです。

大事なことは三角形の右側の頂点の時間までにブレイクして
上昇トレンドに転じる確率がかなり高いということです。

FXで勝つために、三角持ち合いを意識した方がよい
理由はここにあるわけですね。

【2】サポートラインと下降トレンドライン

下図のように、サポートラインと下降トレンドラインによって
三角形が形成されるパターンの三角持ち合いです。

そして、大事なことは三角形の右側の頂点の時間までにブレイクして
下降トレンドに転じる確率がかなり高いということです。

【3】上昇トレンドラインと下降トレンドライン

上図のように、サポートラインと下降トレンドラインによって三角形が形成される
パターンの三角持ち合いです。

このパターンについては、どちらの方向へブレイクするかが
予測し辛いため、他の手段を使って方向を判断する必要がありますね。

私は、三角持ち合いのこのパターンは様子見にしています。

なお、以上いずれのパターンも各ラインでローソク足が
少なくとも3度以上ぶつかり、反転するような
三角持ち合いであることが勝率を上げるためには大事だな
と個人的には思って投資していますので、ご参考までに。

だましに遭わないでトレンド発生を見極める方法

一方で三角持ち合いに注目していたとしても「だまし」で
逆に動くことって経験あるのではないでしょうか?

そこで、上記の【1】のパターンについて、ダマシにかからないように
トレンド発生を見極める方法についてお話をしていきますね。

ブレイクすると、価格がレジスタンスラインを上に抜けるわけですが
ここですぐにトレンド発生するという判断をすると
だましに遭う可能性が高いです。

ブレイク後、価格が下がってレジスタンンスラインにぶつかってから
そこを下に突き抜けることなく、そこで反転したら
上昇トレンドが発生した確率がかなり高いと言えます。

従って、そこで買いエントリーをすると勝つ確率が高いのです。

なお、念のために損切注文を入れておくのは言うまでもありません。

また、ブレイク後、価格が下がることなく、そのまま上昇していった場合は
エントリーチャンスを失うことになりますが、そこは割り切るしかありません。

だましが起きるケースがとても多いので、ここはエントリーチャンスを少々失っても、
勝率を上げるほうが得策ですし、中長期的にはFXで勝つために
必要なことなのではないか・・と思っています。

【2】のパターンについては、【1】と同じ考え方を踏襲すれば大丈夫です。

どうやって三角持ち合いを判断するか?

スポンサーリンク

さて、三角持ち合いを利用したトレードで、もっとも習熟に苦労するところは
ラインの引き方でしょう。

一つの局面で、ラインの引き方は複数あるかも知れません。

その場合、ラインで反転する数が多い方
三角形の大きい方を採用するようにしましょう。

繰り返し、練習をすることにより段々と短時間で
三角持ち合いを発見できるようになります。

三角持ち合いを利用するトレード方法は、上記だけではなく
もっとバリエーションがあり、エントリーチャンスが
増える方法もあります。

今回はここでお話ししたトレード方法が
もっともシンプルで分かりやすいと思ったので
ご紹介させていただきました。

ですので、まずこの方法を経験してから
他のバリエーションにチャレンジしましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする