スキャルピングでFX初心者が勝つコツや注意点は?何pipsで利確を?

FXの取引の手法に『スキャルピング』という手法がありますよね?

これは短い時間の間に何度も取引する手法です。

取引の頻度は数秒から数分で、超短期で取引を繰り返し、小さい利益を積み重ねていきます。

また、スキャルピングは効率よく利益を上げる手法とも呼ばれていますので、今回はスキャルピングに勝つためには注意すべき点やコツをご紹介していきたいと思いますので、ぜひご覧ください!

スキャルピングの手法とは?

スポンサーリンク

為替相場は一定方向に動く習性があります。

そのため、スキャルピングでは価格が上昇しているタイミングで取引を行います。

さらに、超短期で取引を繰り返すため、取引を行うタイミングが非常に重要です。

価格が上昇しているタイミングと下がるタイミングを上手く見極めて取引を行い、利益を確定させる必要があります。

そのため、迷わず素早く判断する決断力と瞬発力が必要になります。

また、スキャルピングでは、小さい利益を積み重ねて行きますので、一度の売買で比較的大きな金額でトレードする必要があります。

そのため、短時間でも相場を見続ける時間と集中力も重要な要素になります。

では、どの時間帯に取引を行うのがいいのでしょうか?

スキャルピングに向いた時間帯ってあるの?

スキャルピングを行うためには、相場に値動きがある必要があります。

そのため、闇雲にどの時間でも行うのではなく、相場が動く時間に集中して行うことがオススメです。

一方で、相場が動くということは大損することも頭に入れておく必要があります。

初心者ですと、ロンドン市場が始まる、日本時間でいう17時からの数時間や、そのまま日本市場で行うのがオススメです。

ニューヨーク市場が始まる、日本時間の23時以降は値動きも活発になりますが、ニューヨーク市場では投資のプロも積極的に動いていますので、初心者の人は少し難易度が高い市場と言えます。

そのため、まずは日本市場とロンドン市場で初めて、慣れてきたらニューヨーク市場に挑戦してみることをオススメします。

スキャルピングに向いている通貨ペアとは?

スポンサーリンク

取引の時間帯が決まったら、次はどの通貨ペアで取引をするかを決めます。

先ほども申し上げたように相場に値動きがあるため、通貨ペアもある程度値動きがある通貨ペアを選ぶ必要があります。

初心者ですと、メジャーな下記の3つの通貨ペアでの取引がオススメです。

『ユーロドル』
『ポンドドル』
『ドル円』

相場によって動く通貨ペアが変わりますので、上記でも動きが小さい時にはスキャルピングは行わず、その時々で動きが大きい通貨ペアを選択することがよいでしょう。

利確のタイミングはどう考えるとよい??

では、どのタイミングで利確を行えばいいのでしょうか?

利確のタイミングについては自分のルールを決めて、それをもとに売買します。

だいたいの目安としては、スキャルピングでは1回の売買で3pipsから10pipsで利確することを目安とすることがいいでしょう。

1pipsですと勝てる勝率がグンと上がりますが、ただでさえ小さい利幅がさらに小さくなります。

また、利確のタイミングを大きくすると、上手くいくと利益を大きくすることができますが、タイミングによっては損をすることもありますので、

「利確するタイミングは最大で10pips」

と自分の中でルールを決めて取引することをオススメします。

スキャルピングは利幅が小さいので、勝ち続けるためには勝率を上げることが必要です。

そのため、利確、損切りのタイミングを決めて、自分で決めたルール通りに取引を行うことが重要となります。

自分のルールを持つことが最も重要

スキャルピングで取引を行い、勝つためにはこのようにいくつかコツがありますが、何よりも重要なことは

「自分の作ったルールを必ず守って取引を行う」

ことです。

利確や損切りのタイミング、売買する時間など決めたルールを守りながら確実に勝ちを拾って行きます。

投資を行っているとどうしても欲が出てきて、

「もう少し利益が出てから・・・」

と考えてしまいます。

しかし、スキャルピングはもともと利幅が小さい取引手法です。

そのため、確実に利確を行い、勝ち続けるために、自分が決めたルール・勝ちパターンをも守り続けて、確実な取引をすることが勝つためのコツなので、覚えておいてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする