シンクロニシティとは?心理学的な意味や引き寄せの法則との違いも | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

シンクロニシティとは?心理学的な意味や引き寄せの法則との違いも

あなたもシンクロニシティという言葉は聞いたことありますか?

最近では色々なメディアで取り上げられているようなので
「そういえばあったなぁ」と記憶している方も
「なんだっけ」のまま通り過ぎた方も
いらっしゃるかもしれません。

意味のある偶然という意味を持っているのですが
一方で最近話題になっている「引き寄せの法則」も
どこか似ていると思いませんか?

願っていたら引き寄せたいものを偶然引き寄せた
ということで、似ているな・・と感じるのは
私だけではないと思っています。

今回は、シンクロニシティや引き寄せの法則といわれるものについて
心理学的な意味などまとまてみましたので、ぜひご覧ください!

シンクロニシティって何?

スポンサーリンク

色々な説がありますが、提唱者である心理学者のユングが定義したのは
「意味のある偶然」ということでした。

心的な状態(思ったこと)と外的な出来事(実際起こったこと)が
奇妙に一致することです。

日本語では共同性と(共時性とも)言われます。
もう少し詳しくみるとユングは3つに分類しています。

1、「内面と外界での事象の一致」
ある人(心的な状態の持ち主)がシンクロニシティの
発生をその場で確認できる場合を指しています。

思っていたことが、パッと現実的に起こった、などですね。

例えば、好きな人のことを考えて歩いていたら
道でばったり会った、などのパターンです。

2、「遠隔視」
ある人(心的な状態の持ち主)から距離のあるところで
シンクロニシティが起こり後から知ることができる場合

距離が離れている2人が、同じタイミングで
同じことが起こっていたことを知る現象
です。

遠い外国で地震があった気がすると言った人が
翌朝の新聞で本当だったと確認するなどでしょうか。

3、「予知」
ある人(心的な状態の持ち主)が後になって
シンクロニシティは起こっていたのだと確かめることができる場合。

一番身近かと思いますが
「ほら、やっぱり。今日はお客様が来る気がしていたの。」
みたいなのも当てはまります。
虫の知らせみたいなものですかね。

共同性(共時性)の意味って?

さて、この共同性についてですが
これをご説明する前に、まず質問させてください。

「神という概念が一切ない大陸または島を挙げられますか?」

おそらく大半の人にとって難しい質問と感じるのではないでしょうか?

というのも、どのような未開の地だったとしても
そこに住む生物と関係のないはずの「神」
(自分たちを司る超越者的存在)を求めているのだ
ということの説明でもあります。

ユングが提唱した「集合的無意識」というのは、例えばそういった

「人類は別々の心を持っているはずなのに
どこかしら共通した心の部分もある」

というものです。

人間が毎日の日常生活で意識していることの下つまり
無意識下で共有する何かがあるのなら
共同性(共時性)もそれで説明がついてしまう
のですね。

算数にもしも掛け算の概念がなくすべて実際に数えていたとしたら?
数学に未知数という概念がなく「ここでxとおいた場合」
ができなかったとしたら?

今のような人類の文明の発展はあり得なかったでしょうし
我々はもっと苦労したでしょう。

シンクロニシティが本当だと証明することは
現段階ではできません。

しかし、仮にそれがあると仮定して話を進めていった場合
解明が容易
になりますね。

そしてそのような整理された理論から
”仮の存在”を後から説明できることも多々あります。

そういった意味ではシンクロニシティは
心理学の発展いや文化文明の発展にとても役立っている
ともいえます。

迷信だ、という人にはこんな言葉をご紹介しましょう。

「非科学的なものを一切認めないという態度も
また非科学的な態度に他ならない」

引き寄せの法則との違いは?

スポンサーリンク

一方で「願いを叶える」「不幸を呼び寄せてしまう」と
すごく話題になっているのが引き寄せの法則です。

人類が普遍的に持っている「思いが現実になる」
という現象をより積極的に呼び寄せている
わけですね。

名前がついたのが最近というだけであって
引き寄せの法則自体は古代からありました。

それが黒魔術(白魔術、赤魔術なども本来の運命を
望み通りに曲げるという意味では黒魔術です)やおまじない
呪術、もっと広い意味で言えばイメージトレーニングなども
含まれます。

一言でシンクロニシティとの違いを挙げるなら
「そうなれ、という意思があるか」です。

たとえば「宝くじが当たる」という心的な状態と
「本当に宝くじが当たった」という外的な出来事が
偶然一致したとします。

「宝くじよ当たってくれ」と強く(そして具体的にイメージしながら)
願った場合は引き寄せの法則で
「ひょっとしたら近い未来、自分の宝くじが当たるんじゃないか」と
予知した場合はシンクロニシティとなるわけですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・シンクロニシティとは心的な状態と外的な出来事が一致する際に
1)同時である、2)距離がある、3)時間差があるの
3パターンに大別されたユングが提唱した概念

・同氏が提唱した集合的無意識によって説明がつく
心理学では未知数xのような存在である

・引き寄せの法則とは「そうなれ」という
意思が強く働くかどうかが違う

まとめると上記のような感じですね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする