価値観の違いを受け入れるために今すぐ自分ができる3つのこととは?

仕事での人間関係、特に上司や同僚と「この人は自分と合わないな、価値観違うな〜」と感じたことって、みなさんあると思います。

プライベートでも友人関係や、家族の間でも納得できないことっていろいろありますよね。

でも、一緒に仕事したり生活しなければいけない・・・

そんな時、お互いの価値観の違いを受け入れて、うまくやっていくためのポイントが3つあるので、今回はそれをご紹介していきますね。

【1】相手のことは気にせず相手から尊敬される自分に意識をフォーカスする

スポンサーリンク



多くの場合、自分が正しくて相手が間違っている、と思いがちですよね。

だから「普通こうするでしょ?なんであの人はそうしないの?」と感じるわけなんです。

そんな時、一方的にこちらの価値観を押し付けるのはNGですね。

理由は簡単で、相手から同じことを自分にされたら、到底受け入れられないはずだからです。

では、どうやって他人の違う価値観を受け入れられるようになるのでしょうか?

1つ目のポイントは真っ先に、相手から尊敬される自分になってしまう、ということです。

相手から尊敬されたり、好かれたりする存在であれば、あなたの価値観は自然と受け入れられるようになります。

なので、どうやったら相手にわかってもらえるか・・を考えるよりは、尊敬されるような魅力的な自分になる方が近道というわけですね。

【2】相手をねじふせるのではなく納得や共感を生み出す工夫を

スポンサーリンク



価値観が違って怒ったり、手を出したり・・と相手に対して恐怖を与えることで、説得してねじ伏せるやり方はスマートではないですね。

力技で説得されては、いい気持ちがしないことは、逆の立場だったらよくわかるものと思います。

説得ではなく、相手が納得できる、共感できる状態を生み出さないと価値観を受け入れることって難しいので、それを生み出せるようにしましょうというのが、2つ目のポイントになります。

そのためには、具体的にはどうしたら良いのでしょうか??

答えは、データや事例などを集めて、自分の意見ではなく、客観的に第三者の意見を並べてあげることです。

多少時間はかかりますけどね、でもどうやって相手を説得させるか・・と考えるよリは、わかりやすい情報を集めて、見せてあげる方が、かえって早いものです。

あなた1人の意見ではなく、第三者の他人も同じ意見を言っているからこそ、信頼性が高いということを伝えてあげるわけです。

そうすることで、相手も納得するし、自分の価値観や考えについても、共感してもらいやすくなるわけですね。

【3】どんな機会もチャンスとして考え自分自身の常識を疑ってみる

3つ目のポイントは、自分が「普通そうするでしょ!?」と思うことをあえて疑ってみるということです。

「本当にそれって、今も、このタイミングでも、正しいって言えるんだっけか?」

とふと考え直すことが、時には必要ですよ。

世の中に絶対的に正しいものは存在せず、時と場合によって正しいことはいくらでも変化しますし、相手との関係性や周囲の環境によっても、どんどん変わっていきますよね?

なので、まず自分自身の信じていることを点検し、相手が大事にしている価値観を考えてあげることが、相手理解へのステップにもなりますし、自分の選択肢も広がることにつながります。

以上が、相手の価値観を受け入れられるようになるための3つのポイントとなりますが、いかがでしたでしょうか?

どれかピンと来たものや、試してみようかな、と思えるものはありましたか?

価値観が違って相手のセイにしているだけ・・で止まっていては問題は解決しづらいかなと思っているんですね。

ぜひ、そうかもしれない・・!と感じた内容があれば、まずは実践してみてもらえるとよいですよ。

ぜひ自分の方から主体的に、尊敬されるような自分になる努力だったり、共感を生み出すためのさらなる工夫だったり、今まで信じていた自分自身の常識を今一度見直す機会としてポジティブにとらえるとよいと思います。

きっと想像していたことよりも、よい形で物事が進んだり、新しい発見があると思いますので。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする