小1の壁とは?先輩ママ社員の仕事との両立や乗り越え方についても | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

小1の壁とは?先輩ママ社員の仕事との両立や乗り越え方についても

4月に春を迎える頃、あちこちで真新しいランドセルを
目にするようになりますね。

小学校に入学した子供たちは
新生活が始まってワクワクしているはずです。

しかし、子供の小学校入学にあたり、大きな課題を抱える
親たちがいる
ことをご存知でしょうか?

最近ではそのことを“小1の壁”と呼んでいて
世間でも話題になっています。

“小1の壁”がどのような課題なのか?
そしてそれをどう乗り越えて行けば良いのか?
先輩ママ社員の意見もまとめてみましたので
ぜひご覧ください!

保育園と小学校で子供の生活はどう変わる?

スポンサーリンク

小学校に入学したとはいえ、一年生だと
まだまだ一人で行動させるにはリスクがあります。

親ももちろん、先生や地域の人々が協力して
慎重に子供たちを見守っていかなければなりません。

しかし、保育園よりも小学校の終了時刻が早いために
“小1の壁”という課題が生まれています。

つまり、“小1の壁”とは親が共働きの場合や
シングルマザー、シングルファザーが抱えている課題といえるんですよね

子供が保育園に通っている期間よりも
小学校に入学してからの方が仕事への影響が大きくなる人が多い
のです。

保育園の場合は園ごとの規定が異なりますが
延長保育を利用すれば20時くらいまで子供を預けられますよね?

一方、小学校ではそこまで子供を見てもらうことは出来ません。。

小学校が終了したあとの子供が自宅へ帰宅しない場合は
学童などで過ごすのが一般的です。

しかし、学童へ行ったとしてもそこで過ごせるのは
せいぜい18時くらいまで
です。

20時まで預かってもらえる保育園と比べると
2時間の差があることが分かります。

子供の小学校生活に合わせるとなると
仕事をどう調整することになるのでしょうか?

① シフト時間を変更する。
② 担当業務の変更や部署移動をさせてもらう。
③ 退職、転職をする。

以上の3つの事例を挙げました。

③については特に避けたいところですね。

そして、①~③のどれについても収入額の減少する可能性が
高いといえます。

上記の3つをクリアして、子供が学校から学童へ通う生活に
なったとしましょう。

すると今度は、学童の終了までに親が帰宅できない場合の
心配が生じます。

親の帰宅が遅くなれば、子供は家に一人でいることになります。

子供は学童から自宅へ無事に帰ることが出来たか?
きちんと宿題をやっているか?
お菓子を食べすぎていないか?
ゲームをやり続けていないか?

大きな心配事を抱えながら仕事をするのは
気持ちの負担が大きくなってしまいますね。

そこで参考になるのが先輩ママたちの声かな・・と
思っていますので、次には先輩ママの体験から
小1の壁の解決策について考えていきましょう。

“小1の壁”をどう乗り越える?先輩ママの体験

スポンサーリンク

子供の小学校入学から学童のデビューなどの大きな生活の変化を
先輩ママたちは仕事をしながらどうやって
やりくりしているのでしょうか?

近所に親の両親や兄弟姉妹がいればお願いしやすいかもしれませんが
そのような環境が無い人の方が多いはずですね。

そこで、家族以外の人に子供のことをお願いする具体例を挙げてみました。

① ファミリーサポートセンターの利用
自治体が運営している“ファミリーサポートセンター”を
ご存知でしょうか?

サポートスタッフが学童まで行って子供のお迎えをしてくれたり
そのあとも預かってくれたり
、仕事をしている親にとっては
とても助かる制度です。

利用には料金が発生しますが、自治体によっては
その一部の助成制度を設けているところもあります。

基本的に近隣に住んでいる人がサポートスタッフとして
力を貸してくれますよ。

家族でなくとも、近くに住んでいる人に頼れるのは心強いですね。

こちらの利用には、あらかじめ登録が必要となります。
気になった方はまず自治体へ問合せをしてみましょう。

② ママ友に依頼
誰かに子供を預ける時、もともと子供が慣れている相手だと安心できますね。

そこで頼りになるのが近所にいるママ友の存在です。

子供にとって仲良しのお友達も一緒であれば
親を待つ時間も楽しく過ごしていられますね。

専業主婦をしている人のなかには、

「働きたいけど家の事情で長い時間は外に出られない」

という人が少なくありません。

そんななかで人の役に立てることがあると、喜びを感じる人も多いのです。

学童によっては、入学式などのイベントの日に
子供を預かってもらえない場合があります。

そのような時に、専業主婦のママ友の力を借りられたら
とても助かりますよね。

小学校が終わってから親の仕事が終わるまでの時間
子供を預かってもらえると良いですね。

そのほか、同じように仕事をしているママ友に子供をお願いする
というケースもあります。

学童から一緒にお友達の家まで帰ってもらって
30分だけ預かってもらうのはいかがでしょうか?

仕事の都合でどうしても残業になってしまう時
そのようにママ友が力を貸してくれると助かりますね。

逆に、こちらが子供を預かって助けてあげられることもあるかもしれません。

このような助け合いには、信頼関係の構築が必要不可欠です。
まだ保育園に入っていない赤ちゃん時代からでも
助け合える友達を見つけておけると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

“小1の壁”について、今回ご紹介した以外にも
課題はたくさんありそうですね。

女性の社会進出を促す声が高まっているものの
それを実現できる環境がまだ整っていないといえるでしょう。

だからこそ、情報収集や家族や周りの仲間との協力が必要不可欠なのです。

忙しいなかでも、親も子供も明るく前向きでいたいですね。

時には自治体のサービスなども利用しながら
より効率的に時間を組んで明るい生活を作っていきましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする