子ども(3歳)が風邪気味!家での食事や生活習慣どうすれば良い?

3歳になると幼稚園や保育園に年少さんで入園したりと、集団生活の仲間入りを果たす子がふえますよね。

子供のみるみる成長する姿に逞しさを感じます。

それと同時に集団生活につき物なのは風邪などの感染症です。

今回は風邪気味になってしまった子どもや、風邪をひきにくい体をつくる対策を考えていきたいと思います。

風邪をひきにくい体を作る

スポンサーリンク



・ 早寝早起きを徹底する

やはり睡眠はとても大切です。

幼稚園や保育園に行き始めた子供は、お家で過ごしていた時よりずっと疲れています。

体力的な疲れもありますが、今まで自分の思うように遊べていたのに集団生活はそうはいかないので精神的にもかなりストレスがかかっています。

やはり疲れには睡眠はとても大切です。

風邪をひいたから寝るのではなく、ひかない為に規則正しい生活を普段から心がけてください。

・ 偏食を直していく

わが子はとっても偏食です。

基本的に初めてのものは食べません。

バリエーションが増えずとっても困っています。

更にとっても頑固者なのでなかなか野菜には口をあけてくれません。

しかしやっぱり頭脳は子どもです。

少々面倒ですが、可愛いご飯を作りましょう。

これは効果てきめんでうその様に食べます。

そして永遠に作るのは大変なので、食べた後に中に隠した野菜を紹介してください。

これをしないと本人が食べた認識がないので進みません。

可愛い絵本で「私も食べて~」と働きかけてもいいですね。

3歳は体づくりもとても大切なので、偏食頑張って直していきましょう。


・ 外遊びをする
最近はゲームや動画視聴などお家の中で大人しく遊ぶツールも増えましたが、やはり子供の体作りに大切なのは、体を大きく動かして遊ぶことだと思います。

太陽の下でのびのび遊ぶことによって免疫も上がります。

楽しい遊びをおもいっきりさせてあげてください。

こうしていても風邪をひいてしまいます。

そうなった時に少しでも早く治してあげる方法を考えたいと思います。

スポンサーリンク



・ 規則正しさ無視でとにかく寝かす
体がだるいと寝たいときに寝てしまうので夜が眠れなかったりします。

しかし夜眠れなくなるから寝ないのはタブーです。

極論昼寝て夜眠れないなら仕方ありません。

ママは大変ですがDVDなどにお世話になって付き合ってください。

とにかく寝たいときは体が休みたい時なので、体のわがままを聞いてあげてくださいね。

・ 好きな食べ物を食べる
体調の悪いときはいつものように食べられません。

体調の悪いときこそ好きなものだけを食べさせます。

夕飯がアイスクリームでもOK!体がほしがるものを食べて気持ちから元気にしてあげましょう。

・ 好きな家遊びをする
DVDでも動画でもゲームでもOK!体を休めながら心がワクワクすることをしましょう。

寝転びながらゲームもこのときだけは許しています。

好きなことをして心を元気に体の回復を待ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?

風邪の予防とひいてしまった後はまるで逆のことを全力でしています。

そして潔く幼稚園をお休みします。

お仕事をしているママはそう簡単に休めないと思いますが、専業主婦の私のようなママは熱が無くて咳だけでも休ませます。

ゴホゴホ咳をしながら行くのは可哀想ですし、お友達に移してもいけないのでお休みをお勧めします。

咳だけなら大体1日お家でゆっくり過ごしたら治りますし、熱が出るまで悪化しませんよ。

そして早めに病院へ行く事。

市販の薬で乗り越えられることもありますが、やはり病院で診察してもらった薬はとってもききますよ。

うちも熱がでるまで病院はなかなか行っていなかったのですが、最近はまだ軽いうちに行くと熱は出なくなりました。

大人も子供も早目が大切ですね。

体調とメンタルは直結しているとおもうので、何より楽しいことや美味しい物を食べさせてあげて、免疫の高い風邪をひかない体を作ってあげたいですね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする