子どもの薄着は風邪ひかないって本当?免疫力をあげる生活習慣とは | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

子どもの薄着は風邪ひかないって本当?免疫力をあげる生活習慣とは

冬場に外出先で、ビックリするほど薄着をしている子供を見かけることがあるでしょう。

大人が見て「寒そう!」と感じても、実はその子供は暑くて汗をかいていることもあるんですよ。

実は、子供は体の機能が大人と大きく違っているのです!

そのため、服装選びについても注意すべきポイントがいくつもあります。

免疫力を高める情報もまとめたので、是非ご参考にして下さいね!!

ポイントは3つ!親が子供の服装選びで注意すべきこと

スポンサーリンク



子供は知能や運動機能と同じように、体温調節についても少しずつその機能を見に付けていきます。

そこで、親は子供の服装をどのように選んでいけば良いのでしょうか?

① 子供は大人より体温が高い!
まず注意すべきポイントは、「子供は大人よりも体温が高い」ということです。

体温が高いために汗をかきやすく、気温が低くてもあまり気になりません。

そして、子供は大人よりも動きが活発で、特に男の子だと動きっぱなしの子が多いですよね。

冬でもたくさん走り回って驚くほど汗をかいていることがあるでしょう。

汗をかいた状態で寒い場所へ出ると体が急激に冷えるので要注意です!

風邪をひかせまいと子供に厚着をさせることが、

逆に風邪をひく原因になってしまうかもしれません。

② 子供の体は基礎代謝が大きい!
そのほか、子供の体は「基礎代謝が大きい」という特徴があります。

簡単にいうと、少し動くだけでもすぐに体があたたまるのです。

汗をかき過ぎる前に、子供が暑そうだったら薄着にしてあげることをオススメします。

冬場でも屋内であれば靴下を脱がせても良いといわれています。

③ 自律神経を強化させる!
子供に薄着をさせることのメリットは、自律神経に関係しています。

薄着でいると、自然と気温を敏感に感じ取るようになりますね。

このことで体温調節を活発に行うようになり、自律神経の発達につながっていきます。

自律神経が乱れると精神的に不安定になったり、下痢や便秘になったり、

免疫力が低下して体のあちこちに不調が起きてしまいます。

最近話題の“腸活”で免役力アップ

スポンサーリンク



免疫力を高くしておくには、腸の活動が正常であることが大前提です!

腸が“第二の脳”と呼ばれていることをご存知でしょうか?

数ある臓器のなかで腸はどちらかというと目立たない存在ともいえそうです。

とはいえ、そのはたらきは体を管理するための重要な役割を担っているのです。

では、健康的な腸をつくるための“腸活”について、重要なポイントを確認していきましょう!

腸は食べ物や飲み物の栄養を吸収する場所ですから、言うまでもなく食生活を整えていく必要があります。

下記のチェック項目を見ながら、実際の生活と照らし合わせてみて下さい。

① 毎日、野菜や果物から食物繊維を摂り、便秘を防ぐ!
② お肉や加工品、お菓子ばかりを食べないようにする!
③ ダイエットが過度にならないよう注意をし、一日に必要な栄養素はきちんと摂取する!

これらの項目を見て、気になるものはありましたか?

腸活には日々の積み重ね、継続して行うことが重要です。

常にこれらを意識して生活をしていくと良いでしょう。

そして、我が家ではなるべく毎日ヨーグルトを子供と一緒に食べるようにしています。

近年では乳酸菌の力がとても注目されていて、カップのヨーグルト以外でもヨーグルトドリンクなどがたくさん販売されるようになりました!

最初は購入を躊躇していたのですが、やはり高めのヨーグルトほど免疫力を維持するための効果を期待できるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は子供の薄着や腸活に関する情報をまとめてみました!

これらの内容に加えて、大人も子供もストレスを溜めずにリラックスできる時間を作ることも重要です。

何も考えずにぼんやりしたり、趣味に集中する時間を作ったり、忙しいなかでも時間の使い方を工夫していきたいですね。

オンとオフの切り替えを上手に行っていきながら、親子で活き活きとした生活を作っていきましょう!!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする