発熱時の栄養どうする?おすすめな食事やドリンクとその理由とは? | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

発熱時の栄養どうする?おすすめな食事やドリンクとその理由とは?

風邪のひきやすい季節。マスクや手洗い・うがいを気をつけていてもついつい風邪をひいてしまう事ありますよね。

急に風邪をひいてしまい、悪化しないようにするにはどうしたらいいか。早く回復するにはどうしたらいいのか気になるところですよね。

一番の基本は、「栄養」、「休養」、「睡眠」が大切ですが、栄養の部分では何を摂取したらいいのか分かりませんよね。風邪をひいている時って、食欲がなかったり、なかなか口にできなかったりしますよね。

そこで、風邪になってしまった時、摂って欲しい食べ物、ドリンクを見ていきたいと思います。

風邪をひいてしまう原因とは?

スポンサーリンク

風邪とは正式な病名ではなく、「風邪症候群」と言って上気道炎が主な症状です。風邪になってしまう原因は、ウイルスや細菌が外部から体内に入り込む事で起こる症状です。

風邪をひくと、発熱、咳、たん、鼻水などの症状が一般的に起きます。いわば、これらの症状は、身体の防衛反応でもあるのです。体内で、ウイルスや細菌を排除するようにそのような症状が起きてしまうのです。

では、一体、どのような環境の際に風邪をひいてしまうのか。睡眠不足や、疲労、免疫力不足などの状態でウイルスや細菌などが体内に入り込むと罹患しやすくなるのです。

風邪をひいてしまった時どうしたらいいの?

風邪の症状が出始めたら、初めが肝心です。テレビのコマーシャルなどで、「早めの飲むと効く」などと謳い文句のように宣伝されていますが、早く対処する事で重症化を防ぐことができます。

万が一、風邪にかかってしまった時は、「栄養」、「睡眠」、「休養」の3つをとにかくいつもより摂って欲しいです。

風邪をひいている時は、身体の中で身体の防衛機構がウイルスなどと戦っている最中です。エネルギーなどを大量に消費しますし、発熱などがあれば水分も奪われてしまいます。

睡眠不足ですと、しっかりと身体が休めない為、治りが遅く、休養の部分でハードな事をすればそちらの方でエネルギーが使われて風邪と戦う力がなくなってしまいます。

よって重症化したり、風邪が長引いてしまうのです。

風邪の時の食事は?

風邪をひいて発熱のある時って、重い食べ物ってなかなか口にできない。しづらいと思います。栄養を摂ろうと頭ではわかっていても、目の前にすると食欲が失せたり、元々食欲が減退している場合があります。

食欲が減退しているからといって、栄養がない物ばかり食べていてはよくありません。

風邪の際は、消化がよくて且つ栄養素が豊富な食べ物を摂るようにしましょう。

風邪のひき始めには身体を温めてくれる生姜湯や血流をよくしてくれる食材と、免疫力を高めてくれるビタミン類などの豊富な果物、野菜や雑炊などをとりましょう。

よく風邪をひいた時、「おろしリンゴ」とか母親から作ってもらって食べた事があるかもしれませんが、おろしリンゴもビタミンCが豊富で免疫力を高めてくれますし、血流をよくしてくれます。また、消化吸収にも優れているのです。

おすすめするのが消化が良くて栄養が取れやすい「雑炊」です。卵や鶏肉、ネギ、人参、生姜などの野菜やたんぱく質を加える事で消化がよく、身体を温めてくれます。

なぜ消化の悪いものはダメなのか。消化の悪いものは、分解するまでに時間がかかります。消化活動をする際にも身体はエネルギーを消費しているので、前述した通り風邪の治癒が遅れてしまうのです。

風邪の時はどんなものを飲むと良い?

スポンサーリンク

風邪をひいた時、風邪対策で大事なのは「水分補給」なのです。水分が不足してしまうと脱水症を引き起こしたり、老廃物が出ていかなくなってしまうので、水分を多くとる事が大切です。

発熱時は、水分も奪われやすいので脱水症状に陥りやすいので注意が必要です。

喉の粘膜を潤わすことでウイルスなどの細菌の付着を予防したり乾燥を防ぐことが可能になります。

普通の水でもいいのですが、効果的な飲み物はスポーツドリンクです。スポーツドリンクは、効率良く水分補給ができて、同時にエネルギー補給にもなります。

ただ多く取りすぎると喉が余計に乾いたりするので、こまめに摂っていく事が重要です。

また、風邪をひいてしまった時や、食べ物などが喉が通らない時は、市販の栄養ドリンク。「リポビタンD」や「チオビタ」などどのドリンクもおすすめです。
飲みやすく、栄養を簡単に補給することができるのです。

風邪薬などを同時に飲めるアンプル剤(ドリンクの一種)なども同時に摂取するのも治癒を高めてくれます。

風邪予防にもおすすめ?

風邪をひいてから、消化のいい雑炊やドリンクを摂取するのもいいですが、できれば、事前に予防したいものですよね。

バランスの取れた食事、胃腸に負担のかからない食事と水分を常にこまめに取ることが重要です。

その中で、ビタミンは多く意識して摂るようにしましょう。ビタミンは水溶性のものもあり、摂取しても排泄物などで排出される場合がるので、積極的に摂っていくことが大事です。

まとめ

風邪対策していても風邪になってしまう。急な発熱の際、薬だけに頼るのではなく、栄養から効果的な食べ物を摂っていく必要がありますよね。

消化吸収のよくて、ビタミンなど免疫力を向上をさせてくれる食べ物がおすすめです。雑炊などエネルギーになりやすく、野菜やたんぱく質などの食材をいえれることで、風邪の回復を高めます。

また、水分補給を大切です。発熱時は、水分も奪われえているため、多めに取る必要があります。

効率良く水分補給・エネルギー補給ができるスポーツドリンクや、発熱時の栄養を簡単に取れドリンクなども手軽に飲め、回復を高めます。

常に風邪対策をし、健康な毎日に役立ててください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする