アスパルテームなど人工甘味料は子どもや妊婦の健康に悪影響の理由

カロリーオフなどの食品に使われている、人口甘味料のアスパルテーム。

ダイエット系のジュースやお菓子、ガムなど、本当に多くの食品に使われています。

そんなアスパルテームですが、ちまたでは、危険性が多く言われています。

本当なのでしょうか、その理由は?

また、子どもや妊婦に影響はないのか、まとめてみましたので、ぜひご覧ください!

アスパルテームって何?

スポンサーリンク



アスパルテームとは、人口甘味料の1種です。

1983年に日本でも認可され、世界中で使われています。

その甘さは砂糖の200倍以上と言われています。

ということは、砂糖1グラム入れるのを、アスパルテームならう0.005グラムがで同じ甘さになるのです。

おまけに、大量生産されることもあり、非常に安いのです。

そのため、今ではカロリーオフやゼロの食べ物や飲み物に大変多く使われています。

例えばダイエットコーラや、パルスイート、キシリトールガムなどが代表的なものです。

アスパルテームは、ダイエットになると言われているので、健康的なイメージがします。

確かに、甘いもの控えないといけない人は世の中にたくさんいて、その人たちにとっても役に立っている事は間違いありません

でも、このアスパルテームは体に有害だと研究者からも多くの指摘がされています。

アスパルテームは危険な食品?

最近、アスパルテームは体に害がある物質だと言われています。

理由は、次のようなことが言われたり、学会などで発表されているからです。

・肝臓や腎臓に負担がかかる
・メタノールと言うアルコール成分が出て体に害が出る
・脳腫瘍やガンの発症と関係がある
・頭痛やめまいなどを起こしたと言う苦情も多い

一方、安全性が確認されたと言う報告もあります。

しかも、それは米国食品医薬品局や欧州食品安全衛生期間、さらに日本の厚生労働省もが、その安全性を公表しているのです。

ただし、安全性は、摂取許容量内であれば、という前提がついています。

では摂取許容量内と言うのはどれぐらいなんでしょうか。

米国食品医薬品局によると、体重50キログラムの人ならダイエットコーラを1日4リットル位が許容量としております。

という事は、よほどのことがない限りは、というより、まず超える事はないでしょう。

ということはアスパルテームは子どもや妊婦にOK?

スポンサーリンク



このアスパルテーム、安全性が認められている一方、危険性も指摘されています。

では、子供や妊婦が摂取して問題ないのでしょうか?

答えは、ノーです。

まず、フェニルケトン尿症と言う病気を持った新生児は摂取しないでください。

脳に障害が起こることがあります。

では、それ以外の子供が摂取しない方が良い理由を書きます。

まず、子供は体が小さいのですから、アスパルテームの許容量も少なくなります。

一方で、例えばコーラを飲むとすれば、大人と変わらない量を飲むのでは無いでしょうか。

子供の臓器は、当然大人に比べて強いものではありません。

また、安全性が確認されているとは言え、その安全性は現在のところ大丈夫だと言うことであって、将来発症または何か身体に影響する危険性がゼロと思えません。

そんな中、子供が将来にわたって、アスパルテームをとり続けると言う事は、危険性が大人よりはるかに高くなることを意味します。

アスパルテームが子供にとってよくないと言う発表は多々あります。

セロトニンを濃度を低くし、うつ病や気分障害などを起こすと言う論文があります。

また、脳の神経細胞に悪影響与え知能が低下すると言う報告や慢性疾患疾患の原因となる論文もあります。

もちろん、反対意見の論文もあります。

改めて考えてみると、子供にアスパルテームが必要なのでしょうか。

そもそも、脳の働きのためには糖分は必須なものなんです。

ですので、アスパルテームを取らなくても、必要な糖を取る方が良いに決まっているわけですね。

妊婦さんも同様です。

胎児に害があるかどうかは、実際の研究結果では確認されていません。

しかし、このように子供にとって外があるのではと言う多くの意見があることから考えると、妊婦もアスパルテームを取らない方が良いに決まっています。

少しでも、不安な事は取り除くべきでしょう。

もちろん、少しとった位では、体に害を及ぼすことはないでしょう。

ですのでそれほど神経質になる必要はありませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

砂糖の200倍以上の甘さと言われているアスパルテームは、人工甘味料の代表的なものです。

多くの食品に使われており、ダイエットが必要な人などに、役立っています。

安全性も多くの機関で証明されていますが、その一方、害が起こると言う多くの論文、情報があります。

特に、子供にとっては、アスパルテームは害が大きいと言われています。

そもそも、子供にとっては、糖は重要なものです。

そのためにも、肥満の子ども以外は、アスパルテームは取るべきではないのです。

妊婦も同様に、アスパルテームを取るべきではないでしょう。

アスパルテームがなくても、甘いものを取る方法はあるのですからね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする