糖質制限で健康的に痩せるための注意点や体のメカニズムを解説! | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

糖質制限で健康的に痩せるための注意点や体のメカニズムを解説!

ダイエットといえばすっかりメジャーになった糖質制限ダイエットですが、あたなも効果があるとかないとかもいろいろ言われていることを耳にしていませんか?

そんな中で糖質ダイエットを始めようと思っている人は多いのではないか・・と思っています。

結論としては、糖質制限ダイエットは確かに効果があるのですが、注意が必要なんですね。

そこで今回は、糖質制限ダイエットによる体の変化のメカニズムを説明し、健康的に痩やせるための方法や注意点を解説しますので、ぜひお読みください!

糖質制限でやせる体のメカニズム

スポンサーリンク



さて、まずはどうして糖質制限をするとやせるのでしょうか?そしてなぜ糖質を制限するのか、そのあたりから説明していきますね。

糖質を減らす=脂肪の増加をおさえる

まず糖質をとると、体のメカニズムとしては糖質を消化するためのに、インスリン(肥満ホルモン)が大量に必要になるんですね。

このインスリンは、余った栄養を中性脂肪に変えて体に貯めてしまうのです。

ですので、糖質を制限することによりインスリンの過剰分泌を防ぎ、脂肪の増加をおさえてくれるというわけです。

脂肪の増加だけではなく脂肪が燃焼にもつながる

また、糖質を減らすことによって、体が改善され脂肪を燃焼しやすく、カロリーを多く消費できる体になるからです。

難しい説明は省きますが、糖質を減らすことにより、これらの体の変化が起き、やせやすい体になるというメカニズムが備わっているのです。

糖質制限ダイエットの注意点は?

では、糖質制限ダイエットの注意点はどんなことに気を付けるべきでしょうか?

糖質制限して、健康な体に悪影響が出ないのか、などちょっと気になりますよね。

糖質制限とは炭水化物を中心におさえること

まず、糖質制限とありますので、甘いものを控えると思われるかもしれませんが、そうではありません。

甘いものも食べすぎてはいけませんが、注目すべきは、炭水化物を制限するということです。

実は、炭水化物の中には多くの糖質が含まれているからです。

それでは、炭水化物を抜けばいいと思っている方が多いのではないでしょうか、これは大きな間違いです。

炭水化物を0にするのはNG

炭水化物は必須の栄養素ですので、まったく0にするというのは避けてください。

目標は、体重1キロに対して1グラムと言われていますが、そこまでいかなくても効果はありますし1日150g位なら大丈夫と言う説もあります。

体調悪くしては元も子もありませんからね、無理のない程度で実施しましょう。

炭水化物以外の栄養素はしっかりとること

一方で、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの他の栄養素はしっかり取ることが大事です。

単に体のためだけでなく、筋肉をつけないと(落としてしまうと)、エネルギーの消費が悪くなり、ダイエット効果に悪影響を及ぼしますから。

食べ方も気をつけたいですね、インスリンの分泌を防ぐためには、炭水化物ではなく野菜から食べることがポイントとなります。

糖質制限ダイエットの具体的な方法

スポンサーリンク



さて、糖質制限ダイエットは具体的にどのようにはじめていくとよいでしょうか。

まず、いきなり糖質を大幅に減らすのは難しいと思います。

そこで、軽めの糖質制限ダイエット、炭水化物を減らすダイエットから始めてみることをオススメしたいですね。

一回の食事でご飯の量を減らすところからスタート

例えば、一回のご飯の量を減らす、夕食のご飯を抜きにするなどそれくらいから始めてみるのなら、比較的簡単にできるのではないでしょうか。

少しの糖質制限でも効果がありますよ。

そして、慣れてくれば、減らす量を増やしましょう。

糖質制限の効果は2・3週間後くらいから

糖質制限ダイエットは、人にもよりますが、2・3週間位で効果が出始めると言われています。

そして、続けていけばその効果は減りますが、効果は続くようですね。

なお、糖質50gは、ご飯茶碗一杯ぐらいです。

1日ご飯茶碗一杯は、毎食ご飯を食べている人にとってはう、確かに少ないですもんね。

一方で、糖質以外の栄養はきちんと取りましょう。

特に炭水化物を取らないとお腹いっぱいならない(気持ち)になるので、野菜を取るなどして満腹感をみたし、脂質などを取りすぎないようにしましょう。

ちなみに運動することは、どのダイエットでも同じように効果的があるは、言うまでもありませんので、可能であれば簡単な運動も取り入れるとさらに効果が増してきます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

糖質制限ダイエットは、簡単にできるダイエットで、炭水化物を減らし、他の食べ物や栄養をきちんと取るダイエットです。

まずは少し炭水化物の量を減らすことから始めて、慣れてきたり体の調子が悪くならなければ、減らす量を増やしましょう。

ただし、炭水化物、糖質も体にとって重要な栄養素です、とらないと言うのは体にとってマイナスになります。

また、無理をしすぎないように注意して、健康的にダイエットしてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

お役に立つ内容であれば、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする