トランス脂肪酸が危険と言われる理由とは?食生活で注意したいこと

あなたもニュースなどで、“トランス脂肪酸低減”という表示を見たり聞いた事はないでしょうか?

この「トランス脂肪酸」は、簡単に言うと「脂肪」の事です。

脂肪も三大栄養素の1つで重要ですが、摂りすぎると健康に害を与えてしまいますし、特にこのトランス脂肪酸は摂らない方がいいとされています。

なぜ、トランス脂肪酸は危険と言われている理由についていろいろ調べてみましたので、ぜひご覧ください!

トランス脂肪酸が多いと血管が詰まる

トランス脂肪酸は、我々が必要としてる栄養素の「脂肪」の一種です。

トランス脂肪酸は、天然で原料そのものに含まれているもの、製造や加工の段階で生まれるものなど様々です。

脂肪の中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸の一つです。

トランス脂肪酸はどこから摂取してしまうのか?

さて、このトランス脂肪酸ですが、これそのものを我々が口にする事はありません。

ただし、もしかしたらあなたも口にしたことがあるコンビニのパンや弁当、お菓子などから大量に摂取されている事があるので注意が必要になるのです。

トランス脂肪酸が多く含む食品としては、牛肉や乳製品などの天然の原料そのものに含まれているもの、加工されてできたバター、マーガリン、ショートニングなどにも含まれます。

特にパンは、バターマーガリンが多く使用されているので注意が必要ですし、できれば避けていきたいところですね。

人体に悪影響と言われる理由

トランス脂肪酸が我々の健康に悪いと言われる理由はなぜでしょう。

脂肪はダイエットの敵と言われて、脂肪はできるだけ減らした方が健康にいいと言われますが、脂肪も三大栄養素の一つで、健康に生活していく為には重要なものです。

しかし、特に、トランス脂肪酸を含む食品を多く摂ってしまうと、健康の被害が出てしまいます。

LDLコレステロールの上昇による悪影響

トランス脂肪酸を取りすぎると、LDLコレステロールすなわち悪玉コレステロール値が上昇するというデータが出ています。

虚血性心疾患というような、心臓の血管が狭くなり体に悪影響を及ぼしかねないリスクも挙げられます。

また、確固たるエビデンスはありませんが、高血圧などの健康リスクが高まるといわれているんんですね。

また、DHAやα-リノレン酸などを阻害する働きがあるので注意が必要です。

このような状況から、トランス脂肪酸は健康に悪い、害があると言われているのです。

脂質に関するまとめ記事もありますので、もっと知りたい方はこちらもご覧いただけると嬉しいです(お読みいただきましたら、また戻ってきてください~)

6大栄養素の脂質はどのくらい必要?体内での役割や特徴について
6大栄養素とよばれる炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維のうち、脂質ってとり過ぎると体によくない・・というイメー...

※善玉・悪玉コレステロールなどをもっと知りたい方は、こちらの記事なんかもオススメしています(お読みいただきましたら、また戻ってきてください~)

コレステロールを下げるには?効果があるレシチンとの関係について
コレステロールを下げるには、レシチンをたくさんとったほうがよいと言われています。 この理由は、レシチンが血管の壁にたまったコレステロー...

トランス脂肪酸の摂取を避けるためには

スーパーなどでは“トランス脂肪酸低減”と書かれた商品もあります。

パンなどはトランス脂肪酸が多く含まれがちですが、健康への被害を意識してトランス脂肪酸の低減をめざしている商品が多くなってきています。

脂質を抑える生活を心がける

そういう低減されている商品を選んで購入してもらう事がベストですが、生活を送っていく上で、0にする事は難しいと思います。

そこで、なるべく“脂質”を抑えて取りすぎには注意が必要になります。

会社全体としてトランス脂肪酸低減に力を入れているお店もあります。

摂取するのであれば魚の油をとろう

サラリーマンなど、時間がなくて、食事をコンビニやファーストフードなどにすませがちな人は、トランス脂肪酸の摂取が多くなりがちです。

できれば、そういう食事ではなく、魚料理などの定食が食べられるお店がオススメですね。

そして規則正しい生活をしていくことで、トランス脂肪酸を過剰に摂取することは少なくなりますので、やはりもう一度、食生活を見直してみる必要がありますね。

トランス脂肪酸でガンにはなるのか?

ところで虚血性心疾患になるリスクが高まるといわれているトランス脂肪酸ですが、“がん”に対してはどうなのでしょうか?

実はトランス脂肪酸が原因で・・というのは十分な報告がありません。

健康にリスクを与えることは確かですが、がんになるとうリスクはそこまで高いとは言えません。

トランス脂肪酸を摂取すると、活性酸素が体内に入ることになるので、体が酸化する(錆びる)という悪影響はあると思います。

活性酸素とは?と思ったあなたにオススメの記事もありますので、よろしければこちらもご覧ください(お読みいただきましたら、また戻ってきてください~)

活性酸素の影響とは?生活習慣病を減らす食事やサプリの活用法を紹介
活性酸素は、体内で食べた食事など炭水化物を酵素を使ってエネルギーに変えるときに発生するものです。 そのため、人が生きている呼吸している...

がんになるというエビデンスは今の所ないのですが、ただ取りすぎだけは注意していく必要があります。

また、工業用に作られたトランス脂肪酸は、影響力が強いので、なるべく加工品の摂取は控える事が重要になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

トランス脂肪酸は、牛肉などの天然の原料に存在するものもありますが、加工の途中でできるものもあります。

トランス脂肪酸は、虚血性心疾患などのリスクが高まるといわれていますので、特に、パン、クッキーなどに含まれているので、摂取量には気をつける必要があります。

最近では、健康へのリスクを考慮して“トランス脂肪酸低減”を掲げているところもありますので、それだけ、トランス脂肪酸の健康への影響力は強いと言えます。

なるべく、脂肪が多く含むものは避けて、トランス脂肪酸による健康リスクを軽減させていきましょう。

私的にはフラーガンなどのオイルがオススメですよ。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

お役に立つ内容であれば、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする