ブルーライトが目だけではなく肌や美容にも与える影響が気になる! | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

ブルーライトが目だけではなく肌や美容にも与える影響が気になる!

スマホ社会の現代、太陽から受ける紫外線以上に気をつけないといけないのが、スマホなどから出るブルーライトと言われているのを、あなたはご存知でしたでしょうか?

太陽光の対策をしているけど、スマホやパソコンからの光の対策はしていないのではないでしょうか。

私の友人たちは、目の対策はしているよと言う方はいると思いますが、日焼けやシミの対策までしてる人はほとんどいないのではないかな・・と思っています。

毎日、長時間パソコンやスマホを見ているあなた、スマホ焼けの対策をしっかりとする必要があるのです。

そこで今回は、スマホから出るブルーライトの影響、その対策をまとめてみました。

これを読んで実行すれば、ブルーライト対策ができますよ。

ブルーライトって何?

スポンサーリンク



そもそもブルーライトって何なんでしょうか。

ブルーライトは、人間の目で見ることができる光の中で1番短い波長と言われています。

そんな難しい事はさて置いて、ブルーライトはパソコンやスマホなどから出る光の中の青色光のことです。

紫外線に極めて近い、強いエネルギーを持つ光です。

以前は、目に対する影響が心配されており、パソコン作業時に使うメガネが発売されていましたもんね。

ところが、このブルーライト目だけでなく、肌にも悪さをすることがあることがわかってきました。

ブルーライトによる影響とはどんなもの? 肌や美容にも悪影響?

まず、目に対する悪影響があるのはご存知ですよね?。

角膜、水晶体を通過して網膜などにも悪影響を与えています。

眼精疲労やドライアイの原因にもなっていますし、ひどい場合は網膜の病気などを引き起こす原因にもなっています。

ドライアイに関する記事も作成しているので、よろしけれはこちらもご覧ください(お読みいただきましたら、またこちらに戻ってきてください~)

ドライアイ症状の原因や治し方は?痛みや涙目に効く栄養や食事とは
あなたも日常生活において、目を酷使する機会が多くなってきているな・・と思うことありませんか? パソコン、スマートフォンなど長時間見続け...

最近ではスマホ老眼と言う言葉もありますね。

そして、ブルーライトは睡眠に対しても悪影響を及ぼしています。

スマホから出るブルーライトは、強い刺激を目に与えます。

それにより、寝付きが悪くなったり、睡眠の質を下げています。

特に、寝る前のスマホの使用は、睡眠の質低下をもたらすと、厚生労働省も発表しているんですね。

※睡眠どころか徹夜してがんばったあなたにむけた、徹夜明けの疲労回復のポイントをまとめた記事も書いていますので、よかったらご覧ください!(読んだら戻ってきてください~)

徹夜明けの疲労回復どうする?効果ある食事や飲み物とりたい栄養も
とうとう徹夜になってしまった、、 会社員あるあるの話ではありますが・・そんな時はどうしたらいいのでしょうか? もちろん寝れば良い...

そして、このブルーライトは、肌にも悪影響与えていると言われています。

最近の研究では、紫外線同様に日焼けシミの原因となるという研究結果も出ています。

紫外線ほど、即効性がないというかすぐに日焼けしないのですが、逆に自覚症状がないまま、肌に悪影響を及ぼしているのです。

当然、目の疲れや睡眠の質低下は、体にも悪影響を及ぼし、肌や美容にも悪影響を及ぼすと言うのことは言うまでもありません。

ブルーライトの対策は? 気をつけたい食事や生活習慣は?

スポンサーリンク



ブルーライトの対策と言うよりも、まずブルーライトを浴びるのを防ぐことが大事です。

とは言っても、仕事でもパソコンは必要ですし、スマホなしの生活なんてあり得ませんね。

ですので、日ごろの生活で少し工夫をしましょう。

寝る前のパソコンスマホの使用を控える。
ディスプレイの明るさを下げる、特に青色を下げる。
ディスプレイを目から外して使用する。
ブルーライトをカットしてくれる保護フィルムを使う。
ブルーライトをカットしてくれるメガネを使う。

さらに、最近は紫外線対策だけでなく、ブルーライトなどからも肌を守る化粧品が発売しているので、それを使ってみてはどうでしょうか?

※例えば以下のような商品なんかはオススメですよ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベネフィーク UV-AA ディープ ブロックエッセンスt
価格:3024円(税込、送料別) (2018/5/17時点)

また、食事も気をつけていきたいところですね。

まずは、目の対策としては、ビタミンやアントシアニン、ルテインなどの栄養が有効です。

そして目にいいと言えば、ブルーベリーが有名ですが、アントシアニンが多く含まれています。

また、ルテインが豊富なのは、ほうれん草です。

※ルテインって何?と思われた方が多いかもしれませんね、あまり聞きなれないかと思うのでルテインに関する記事もありますので、よろしければこちらもご覧ください!(お読みいただきましたら、またこちらに戻ってきてください)

ルテインを多く含む食品や効果は?目に与える影響と副作用について
普段からサプリメントを買っている人はルテインという名前を見たことがあるかもしれませんね ルテインとは600種類以上あるカロテロイド(天...

これらの食品を積極的に取りましょう。

もちろん、眼精疲労になれば、薬を服用するも有効ですね。

お肌の日焼け対策の食事としては、ビタミンCやビタミンA、リコピン、ベータカロチンなどがあります。

ですので、果物や野菜がオススメですが、これらのことには、既にご存知と思いますので、ここでは省きますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマホやパソコンから発される、ブルーライト、目だけでなく、肌にも悪影響を及ぼしています。

スマホ社会の現代、ブルーライトは避けて通れない問題です。

太陽光からの紫外線ではすぐに日焼けしたことがわかりますが、ブルーライトは知らず知らずのうちに悪影響を及ぼす、厄介なものなんです。

スマホやパソコンの明るさを下げる、寝る前のスマホをやめるなど、普段の生活を工夫しましょう。

また、ブルーライト日焼けを防ぐ化粧品も出ていますので、一日中パソコンやスマホを使っている方は、使ったらどうでしょうか。

毎日の食事も、意識的に眼精疲労対策の栄養価の高い食べ物だったり、日焼け対策として肌に良いものを、積極的に取るようにしてください。

なかなか防ぎようがないブルーライトですが、普段の生活で気をつければ、軽減することが可能ですね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする