オプション取引のメリット・デメリットは?先物取引との違いについて | 毎日楽しくワクワク生きるための方法論。

オプション取引のメリット・デメリットは?先物取引との違いについて

あなたも株の投資などをしているのであれば、オプション取引という言葉を目にすることってありますよね?

一般的な株式の現物取引以外に、日経225オプションや日経225先物といった取引もあるんです。

株のような現物に比べるとやや複雑であり、特にオプション取引は分かりにくいところがありますので、今回はこの両者の違いについてまとめて見ましたので、ぜひご覧ください!

オプション取引と先物取引の比較

スポンサーリンク



代表的な例としては日経225株価指数が良いかなと思うので、こちらについてオプション取引と、先物取引の違いついてご説明いたしますね。

オプションには2種類ある

まず、そもそものオプション取引では、コールオプションとプットオプションの2種類が存在します。

コールオプションとは買う権利(買い建て)で、すなわち値が上がれば利益を得ることができます。

これとは逆に、プットオプションとは売る権利(売り建て)で、すなわち値が下がれば利益を得ることができます。

コールオプションを買った場合

例えば、日経225オプション取引において
20000円のコールオプション(買い建て)を1050円で買ったとします。

満期日に21000円になった場合、21000-20000の1000円×買った枚数 から
オプション料1050円を差し引いたものが利益になりますよね。

逆に満期日に19000円となった場合は、権利を放棄するので
オプション料分1050円のみが損失となります。

先物を買った場合

では、日経225先物を20000円で買うとどうなるでしょうか。

満期日に21000円になった場合、1000円×枚数が利益となります。
逆に、満期日に19000円になった場合は、1000円×枚数 の損失となります。

以上から、分かることは次のようになります。
 
日経225の値が思惑通りに動いた場合は日経225先物のほうが有利ですし、逆方向に動いた場合は、日経225オプションのほうが有利となります。

買うときの値段を指定できるのがオプション

また、オプションでは買値を指定できますが、先物では指定できず買った時の値が買値となります。

買値が指定できるというのなら、現在の値よりもはるかに安い値を権利行使価格に指定すればいいのではないかということになりますが、安く設定するほどにオプション料がどんどん高くなるという仕組みになっていますので、価格設定はなかなか難しいところなんですよね。

以上の例はオプションを買った場合の話です。

オプション取引では、オプションを「売る」という取引もありますので、この場合について、日経225オプション取引を見てみましょう。

この2種類のオプションに対して、「売る」、「買う」
という選択があるので、何だかややこしいですね。

でも、単純に素直に考えれば決して難しくはありません。

オプションを買う、ということが、権利を買うということですので
オプションを売る、というのは反対に権利を売るということになります。

言い換えれば、オプションを買った人に対する義務を負うことになり
同時にオプション料は払うのではなく、受け取るということになります。

そして、値が逆行した場合にはその損失をもろに受けることになります。

一見、オプションの売りは買いよりも不利に感じるかも知れないですが
必ずしもそうではありません。

株相場がレンジ相場で動きが静かな場合は
オプション料狙いのトレードが可能となるからなんですね。

逆行しても少々のレベルなら受け取ったオプション料が
株価の損失を補って余りある場合が期待できるわけです。
  

オプション取引のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

以上のことから、オプション取引のメリット、デメリットを整理しましょう。
 
(メリット)
オプションの買いの場合は、損失がオプション料に限定されるという
安心感があります。

株の売買にありがちな、損失がどこまで膨らむのかという恐怖の心理に
陥ることはありません。

オプションの売りの場合は、上述しましたが
レンジ相場で予想が難しい場面でもオプション料で利益を取ることができます。

(デメリット)
オプションの買いの場合、思惑通りに値が動いた場合にはオプション料の分、
利益が少なくなります。

オプションの売りの場合、思惑どおりに値が動いても
利益はオプション料に限定されているのに
逆行した場合にはその分の損失を被りますので
大きな損失もあり得ます。

株の売買において、現物、先物、オプション等の取引がありますが
どれが有利なのかということの判断はとても難しいですね。

一長一短あり、相場状況、そして投資家の性格などによって
その有効性は変わってくること思います。

いかがでしたでしょうか?
最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

オプション取引などの投資に興味ある方向けに、株の適正価格を調べ、株価売買のヒントになるためのこちらの記事もお勧めしています・・!

株の適正価格の調べ方は?企業価値の計算方法や投資判断の考え方について
あなたも株を買うことを考えたとき 果たしてその時の株価って高いのか?あるいは低いのか? と疑問に思ったことはありませんか? 株の適...

株をやっているとこれから上昇する株はどれなんだろうか・・と気になりますよね?そんなあなたに上昇株を見つける効果的な方法をご紹介しているこちらの記事もぜひご覧ください!

上昇株のみつけ方は?勝つために必要な銘柄予想やパターンについて
「これから上昇していく株を見つけたい・・」 株の投資をしている人であれば、誰しもがそう思いますよね。 今回は、そんな上昇していく銘柄...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする